山本智章の顔画像は?偽造宝くじと何故わかった?手口や被害銀行の場所はどこ

山本智章の顔画像は?偽造宝くじと何故わかった?手口や被害銀行の場所はどこ

「年末ジャンボ宝くじ」の当せん券を偽造して1等賞金7億円をだまし取ろうとしたとして逮捕される事件がありました。

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

年末ジャンボ宝くじ偽造で逮捕の詳細

「年末ジャンボ宝くじ」の当せん券を偽造して1等賞金7億円をだまし取ろうとしたとして、愛知県警中村署は6日、詐欺未遂の疑いで、三重県四日市市の無職山本智章容疑者(42)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後1時40分~同2時10分ごろ、名古屋市中村区の銀行で、2018年の当せん券に偽造した宝くじ1枚を提出し、賞金をだまし取ろうとした疑い。

「正規の販売店で購入したものだ」と容疑を否認している。

同署によると、山本容疑者の申し出を受けて行員が確認したところ、偽造と判明し110番。駆け付けた署員が同容疑者を取り押さえた。

日刊スポーツ

山本智章の顔画像や詳細

名前:山本智章(やまもと ともあき)

年齢:42歳

住所:三重県四日市市

職業:無職

「正規の販売店で購入したものだ」と容疑を否認しているそうです。

顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

どうやってわかったの?

当選券に偽造した宝くじ1枚を銀行に提出

銀行員が確認したところ偽造と判明したそうです。

ネットの声では

 

ともありますが、銀行員が確認とあり、機械でなのか、目視なのかはわかりませんね。

スポンサーリンク

被害銀行の場所

報道によりますと、名古屋市中村区みずほ銀行となっています。

名古屋市中村区のみずほ銀行を調べると、場所は「みずほ銀行 名古屋駅前支店」のようです。

山本容疑者の申し出を受けて行員が確認したところ、偽造と判明し110番。

駆け付けた署員が同容疑者を取り押さえたそうです。

ネットの声

スポンサーリンク

まとめ

詳細は追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です