八谷祐紀の顔画像!自宅の場所や犯行動機は?前夫との関係って【佐賀県みやき町】

ヘアアイロンで娘にやけどを負わせた疑いで母親の八谷祐紀容疑者が逮捕されました。
 
またもや虐待事件です。
 
Facebookも掲載しているようです。
 
事件内容を見ていきます。
スポンサーリンク

事件内容

佐賀県みやき町の自宅で、小学2年生の長女の頬や手にヘアアイロンをあててやけどをさせたとして29歳の母親の八谷祐紀容疑者が傷害の疑いで逮捕されました。

事件現場

佐賀県みやき町の自宅でおこりました。

スポンサーリンク

事件の経緯

2019年11月5日の夕方から6日朝までの間に、自宅で、少学2年生の8歳の長女右頬と左手の甲にヘアアイロンをあて、全治10日間程度のやけどをさせた疑いです。

長女が6日、小学校に登校した際、教師が頬のやけどに気づいて聞いたところ、母親にヘアアイロンをあてられたと話したことから、学校が中央児童相談所に連絡し、そこから警察に通報されました。

ハ谷祐紀容疑者は容疑を認めているということです。

スポンサーリンク

八谷祐紀容疑者の顔画像とプロフィール

名前:八谷祐紀(はちや ゆき)

現在は顔画像など公開されていません。

年齢:29歳

仕事:無職

自宅住所:佐賀県三養基郡

家族構成:長女小2、年子の長男(5)と次男(5)母の4人家族

離婚をしていていますが、前夫と住まいは同じにしているようです。

八谷祐紀の顔画像はフェイスブックにも?

八谷祐紀容疑者の顔画像は公開されていませんが、フェイスブックで名前を入れると、一人しかいてないのですが出てきました。

そこには、かわいい子供の写真も写っていて、自宅が佐賀県三養基郡とあり、2013年結婚ともありました。

フェイスブック更新は2018年から更新はしていませんでした。

もし、この方だとすると子供の写真をフェイスブックにも掲載しているので、愛情もあったのだと思いますが、なぜそんなことになったのでしょうか。

まだ、確実に本人の断定ができませんので、ここまでにしておきます。

八谷祐紀の元夫

インタビューされていました。

離婚後に前夫と同居しているようですが、なぜ一緒に離婚後暮らしている!と話題にもなっていましたが・・・

週末のたびに子供らと会っていた元夫とありましたね。

八谷祐紀のことについて・・・

一昔前は短気だったが、子供ができて丸くなったというか、暴力的では全くないといっていました

八谷祐紀の父親

娘も限界だったのではないかと思う

「子どもに、どう接していいのか分からない」と言っていた

手を上げる姿も・・・とも語っていました。

虐待の疑いも

長女にはこの火傷の他にも、全身に打撲の痕があるということで警察は、日常的な虐待の可能性も含めて八谷祐紀容疑者から詳しく事情を聴き、動機や経緯などを調べています。

小さい子供が居てるので、何かストレスがたまり虐待をしていたのかとも感じますが、何があっても子供に傷をつけることで、苛立ちを発散したりするのは、やめてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世間のコメント

児童虐待が生じた場合、早急にかつ適切に子どもを保護する必要があます。刑法では親を暴行罪(刑法208条)、傷害罪(刑法204条)、強制わいせつ罪(刑法176条)、強制性交等罪(刑法177条)、保護責任者遺棄罪(刑法218条)などで処罰してその再発を防止します。 民法では、親権を喪失させたり(民法834条)、一時停止させる方法(民法834条の2)があります。
自分の顔にアイロンあてればいいのに。 子供の笑顔見て幸せな気持ちにならないのかな? 寝顔見て愛しくならないのかな? 不思議でならない。
ここ5.6年で虐待や虐待死が増えてきているように感じます。 ニュースとして取り上げられる頻度が上がっただけなのか、 表に出なかっただけで昔からこんなに多かったのか…?。 どうゆう人生を歩めばこんな酷い事ができるのか不思議でなりません。 虐待、虐待死には極刑をお願いしたい。
最悪の結果になってしまう前に保護されて、本当に良かった。 今後、辛い記憶が残ってしまうが、懸命に生きて、幸せになってほしい。 気付いた学校、 ナイス。 気付いた先生 素晴らしい。
虐待に関しては、逮捕されたら虐待した内容と同じことを刑として処するべき。どんな理由があろうと、子供にすべきことの度がすぎてる。この母親の頬と手にも同じヤケドをさせなきゃ、自分が子供にどれだけの痛みを与えたのか、分からないと思う。子供に虐待なんかする時点で、普通の人間の感覚では無いのだろうから、少なくとも同等の刑を与えるべきだと思う。でないと、また繰り返すんだろうなぁ
スポンサーリンク

まとめ

最近、虐待に関してとても多い事件であり悲しくなります。

今回は元夫と父親のインタビューも追記しましたが、回りにSOSを出していたようですので、身内で助けてあげて虐待になる前に防げなかったのかとも感じました。

情報がわかり次第追記いたします。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です