後輩をいじめた救急救命士は誰?名前や顔画像は?【茨木市消防本部白川分署】

後輩をいじめた救急救命士は誰?名前や顔画像は?【茨木市消防本部白川分署】

救急車内でも後輩いじめのパワハラが行われていました。
 
【茨木市消防本部白川分署】
 
後輩をいじめた救命士は誰?
 
名前や顔画像は?
 
をご紹介させていただきます。
スポンサーリンク

救命車内で後輩いじめが発覚

2019年5月 救急車内で後輩(20)の首に血圧計を巻きつけ顔などを内出血させたなどとして、大阪府茨木市消防本部の男性救急救命士3人が懲戒免職されました。

懲戒免職処分を受けたのは、茨木市消防本部白川分署に所属していた消防司令補(47)と消防士長(34)、消防副士長(33)の男性救急救命士3人です。

 

後輩のいじめの内容

市消防本部によると、消防士長と消防副士長は今年5月、救急事案から引き揚げる際、救急車内で自動血圧計を後輩(20代男性)の首に巻きつけ、作動させて圧迫し、顔や目などに内出血を生じさせたということです。

消防司令補は、その日のうちに消防士長から報告を受けましたが、関係者に口外しないよう求め、上司に報告もせず隠蔽していました。

この消防司令補は、4月には白川分署の車庫内別の後輩をロープで消防車に逆さづりにするなどしていたということです。

スポンサーリンク

いじめを行った救命士は誰

・消防司令補(47)

白川分署の車庫内で別の後輩をロープで消防車に逆さづりにするなども判明!

「なぜそういうことをやったのかと(消防司令補に)聞くと、だいたいどの案件に対しても言うのは『コミュニケーションの一環として若い職員とじゃれあいたかった』といってたそうです。

・消防士長(34)

・消防副士長(33)

男性救急救命士3人になります。

懲戒免職処分を受けています。

いじめを行っていた、この3名の顔画像や名前は公開されていません。

 

いじめはその他にも・・・

後輩をロープで消防車に逆さ吊りにして放置したり

 

体毛を燃やそうとしてライターの火に可燃性の殺虫スプレーを吹きかけ大きな炎を生じさせたり

2019年9月に被害男性から相談を受けた職員が申告して発覚して判明したようですが、消防司令補は「コミュニケーションを図るためにやった」と話しているということです。

「コミュニケーションを図るためにやった」なんて信じられないことをしていますね!

もっと早く発見されなかったのが悲しいですね。

近くの店舗の人の証言

この辺りの人はみんな見ている・・・ちょっとひどかった

「アホ・ボケ・カス」と言ったり

「ちゃんとせんか、このくらいで死ぬか」と言っていたそうです。

本当に酷いですね。

もっと早く気づいてあげてほしかったな~と思います。

茨木市消防本部白川分署の住所

こちらが、茨木市消防本部白川分署の外観と住所になります。

スポンサーリンク

世間のコメント

救急救命士とは、救急車に同乗し医師の指示のもとに救急救命処置を患者の施すことができる、人を助ける仕事なのに、最悪のことをしていたようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、発覚しましたが、過去から後輩いじめはその他もしていたのではないでしょうか?

人を助ける救命士なのに、ちょっと信じられない報道です。

パワハラは本当に辞めてほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です