松山大学女子駅伝部のパワハラ監督は誰?顔画像は?平手打ちや暴言の経緯は?

松山大学女子駅伝部のパワハラ監督は誰?顔画像は?平手打ちや暴言の経緯は?

松山大女子駅伝部で、パワハラを受け続けているとして、複数の女子部員が監督らの処分を求め、大学側に申し立てていたことが判明されました。

松山大女子駅伝部パワハラ監督は誰?顔画像は

パワハラ経緯は?

スポンサーリンク

松山大学 駅伝監督パワハラ詳細

松山大女子駅伝部で、監督から体重管理を巡りどう喝されるなどパワハラを受け続けているとして、複数の女子部員が監督らの処分を求め、大学のハラスメント防止委員会に申し立てていたことが25日、愛媛新聞の取材で分かりました。

スポンサーリンク

パワハラの経緯

・申し立てで学生側は、発言などが監督の意に反した場合、「辞めろ」と言われることが多く、排除されてしまうという恐怖感から本音で話をすることが困難な状況が常態化していると指摘。体重管理では、虚偽の体重を日誌に記載せざるを得ない精神状態にまで追い詰められていると訴えている。

・昨年10月には体重の虚偽報告を打ち明けた部員の方向へ准教授がダンベルを投げたほか、他の部員への平手打ち不透明な経費の徴収があったと主張。

多くの部員が退部や休部に追い込まれているといい、指導体制の改善も求めている。

・発言などが監督の意に反した場合、「辞めろ」

・昨年10月には体重の虚偽報告を打ち明けた部員の方向へ准教授がダンベルを投げた

他の部員への平手打ち不透明な経費の徴収

スポンサーリンク

松山大女子駅伝部のパワハラ監督は誰

ハラスメント行為があったと申し立てられたのは、2008年に監督に就任した経済学部の男性准教授(50)と、栄養面の女性コーチの2人だとされています。

●2008年に監督に就任した経済学部の男性准教授

大西崇仁氏は2006年、教員の公募に応じて松山大に赴任されています。

名前:

年齢:50歳(2020年2月現在)

経歴:准教授は07年に松山大の陸上競技部員の指導を開始。

08年創部の女子駅伝部を率い、16年には全日本大学女子駅伝で初優勝に導いたほか、トラック種目の指導でも実績を上げていた。

●栄養面の女性コーチ

の2人だそうです。

顔画像はまだ公開されていません。

 

記事によると、申し立ては昨年11月中旬、複数の学生の連名で提出され、2人は現在、指導を外れています。

准教授は25日、取材に対し、申し立て内容は知らないとした上で

「3月に調査を受けるため詳細は答えられないが、パワハラがあったとの認識はまったくない。その根拠や証拠はあり、真実を明らかにしたい」

と答えられています。

松山大学学生部は「担当者がいないためコメントできない」としている。

大西崇仁のプロフィール+Facebook+学歴は?結婚や妻や子供は?

スポンサーリンク

松山大学場所

スポンサーリンク

ネットの声

体育会系は昔はスポーツ根性みたいなものが有って、どんなに実力が有る者でも、先輩などの理不尽ないじめやしごきが有りました でも、それで実力が付いたか?と言えば不透明で、厳しく教えられたことが一番記憶に残って、良い思い出とかに変換されてしまう。

駄目なものは駄目とはっきり言える社会にならなければいけないと思う。

それと、いつも「担当者が不在」と言って、コメントを出さないが、ただ単に逃げてるだけ。 釈明出来なくて、都合が悪いから、逃げてるだけ。 釈明出来ないということは、全部事実で、言い訳の仕方が分からないと言ってるようなもの。 釈明出来ないならば、最初からするな

ここの大学は下級生の頃しか活躍できない(上級生になるとボロボロ)、卒業後伸びないで有名ですよ
かつてダブル○○(珍しい苗字が部内に2人いた)と呼ばれ将来を期待されていた某選手も、過剰な体重制限で潰されましたね
片割れの方は幸い活躍もでき、実業団に進んでいますが

いつかこの問題が起きると思ってた。脂肪が多いと乳酸も多くたまり疲れやすくなる。

だからマラソンランナーは極限の体重管理を強いられる。女子選手はみんなガリガリの体型でしょ。

豪語するコーチもいるってよ。「女子は体重管理がすべて」
それをスゴイと勘違いする指導者がこういう問題を起こすのだろうね。
スゴイのは指導者でなく選手。廃人一歩手前状態なんだって。
五輪代表選手は。普段ボーとしてるらしい。

関連記事はこちらから

大西崇仁のプロフィール+Facebook+学歴は?結婚や妻や子供は?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です