高崎商大附高で授業中体罰!教師は誰?動画撮影しSNSで公開!顔画像も

高崎商大附高で授業中体罰!教師は誰?動画撮影しSNSで公開!顔画像も

群馬県の高崎商科大附属高(高崎市大橋町)で10月、40代の男性教諭が授業中に男子生徒に対し、座っていた椅子をつかんで引き倒すなどの体罰行為をしていたことが1日、分かりました。

学校側は事実関係を認め、「危険極まりない不適切な指導」としとした。

同校は教職員への指導を徹底し、再発防止に努めると上毛新聞社に報じられていました。

スポンサーリンク

 拳で額押し椅子ごと倒す

学校関係者によると、体罰行為があったのは10月21日のスマートフォン(スマホ)のクラウドサービスを使った授業中だったそう。

1年生の男子生徒が被害に遭った。

教諭は右手で拳をつくり生徒の額を押し、机をたたいた!

さらに座っていた椅子の脚を手で引っ張り、椅子ごと後ろに倒れさせた。

生徒にけがはなく、現在も登校しているとのことです。

クラスメーとがSNS動画に投稿

クラスメートがこの様子を撮影した動画がSNSに投稿され、不特定多数の人が一時閲覧できる状態になった。

動画を閲覧した保護者は「完全な暴力行為だ。学校に子どもを預けている身としてはとても心配。憤りを感じる」と話した。

教諭の対応

その教諭はこの授業の後、クラスの全生徒に謝罪したそうです。

学校は同日に問題を把握し、その後、県学事法制課に報告しました。

31日にはクラスの保護者会を開き、謝罪したそうです。

教諭の謝罪

同校によると、教諭は「行きすぎた行為をしてしまった。申し訳なかった」と反省しているという。

教諭はこのクラスの担任を務めていたが、問題を受けて同校は担任を外したそうです。

高橋洋一校長の会見

上毛新聞の取材に、高橋洋一校長は「体罰行為はあってはならない。二度と繰り返さないよう教職員への指導を一層徹底していく」と述べたそうです。

スポンサーリンク

高崎商科大附属高の場所

調べによると、偏差値は46-64の学校で、群馬県では15位の学校です。

スポンサーリンク

教諭は誰なのか

教諭についての情報はまだ、公開されていませんでして、追記していきます。

40代の男性教諭ということだけ判明しています。

教師は1週間の自宅謹慎処分とのことです。

動画がSNSに投稿され、不特定多数の人が一時閲覧できる状態になっていたそうですが、現在は公開されてませんでした!

が、謝罪がテレビで報道されていました。

先生に戻ってほしいと、生徒から37通の手紙を教頭に届けたそうです。

教頭の会見は、代償は大きいので償いをしなければならないと言っています。

スポンサーリンク

一部の世間のコメント

生徒が何をしていたのか。少なくとも、新聞に掲載するには、そこまで取材し、全貌を理解した上で書かないと。 高校生にもなれば、挑発の仕方も悪質な場合もあれば、動画を撮影した生徒とグルになっている場合もある。普通の人間では耐えられないような精神的苦痛を与えられる場合も数多くある。 もしくは、教師側に、日頃から暴力体質があり、目に余った生徒が告発のためにSNSで拡散しようとしたのかもしれない。 いずれにしても、暴力に及んだ事実があれば、教師は責めを受けるしかない。 ただ、その背景に何があったのかが伝えられないと、事の本質が全く分からない。
偏差値46か。 偏差値は関係ないですけどね。 で、暴行の前に何があったのか、生徒は何をしたのか、生徒は何を言ったのか教えてください。 動画を流した生徒はそこだけではなくその前の部分も伝えるべきでは? 先生は殴りたくなったら一旦廊下に出て壁でも殴った方が良いですよ。 今は何を言っても負けるので、その場ではやり過ごし、通知表の評価を最低にすれば良いだけ。 教師になるのが夢で教育実習も行って、教員免許も取ったけど大学4年生の時に悩みに悩んでやめました。 今の生徒のやり方が汚いのと脅してくる、あとモンスターペアレントがあるので対応できないと思ったので。 いま教師で生き残るには授業だけしっかりやって、生徒指導はやらずに、生徒にも保護者にも「無」になってすべてを流すしかない。 生徒を指導しようとしたら逆にやられる。 あとは生徒になにかあったら即上に報告は必須。
体罰を無くすのは意外と簡単かも。留年を小学校から当たり前にすればいい。寝ていても進級出来るような横並びのザルシステムだから教員もストレスがたまる。ああ、ヤル気無いのね。寝てて(‘ω’◎)イイヨー。でも留年です。こんな感じでいかがですかね。
何をしたからと言っても、体罰はあってはならないことを前頭において、、、 生徒が何をしたことによって、この先生は、このような行為に至るほど怒ったのか?? 前にあった、動画をSNSにアップする目的で、先生を挑発して、体罰をするように仕向けた事例もあるので、出来るだけ明確にしないと、、 もし、そこの詳しい情報がないなら、今の段階で、先生を一方的に悪者にするような記事は良くないと思う。 当事者たちは、メディアに露出されることによって、今後の人生まで左右されるケースだってあることを考えて報道して欲しい。 今の日本のメディアは、ただ話題になればいいって感じがしてならないので、槍玉に挙げられる側の気持ちも少し考えて記事を書いたほうがいいと思う。
体罰はいけないことなので、生徒達に対しダメなことをしたら謝るという姿勢は必要なのでいいと思う。 しかし、学校側の処分の一週間の謹慎と担任を外すのはやり過ぎな気がします。 皆さんが言うように、経緯ははっきりしませんが、これではこの新聞の記事のように一方的に教師側が悪いようになってしまいます。 授業中に動画を撮ってた生徒はヒーローに、体罰にあった生徒は相手をそこまでさてしまったという事がかき消され、二人とも反省しなくなってしまいます。 新聞の記事も学校側も、体裁で判断するのではなく事実をはっきりした上での相当の判断をしてほしい。 でないと、教師は恐くて何もできなくなり生徒は何でもありになってしまい、最低限の上下関係やルールやマナーもわからず社会人になってしまう若者が増える一方です。
僕が親ならこんなコメントはしない。 教諭をここまで憤らせた自分の息子の過失を問うとともに、 ここまで大きくなってしまったことに関しての謝罪をする。 民間企業に勤めている人の感覚からすれば、 確かに問題のある教師はたくさんいるのは事実です。 部活動の顧問など、ありえないパワハラの温床です。 これだけ世論がその姿勢を問題視しても、 自分は関係ない・自分はOKだと言わんばかりの暴言の連続。 学校の教師の検証・評価は、もっと厳しくやるべきだ。 しかし、だからといって生徒にも問題はある。 その問題の対処について、暴力は間違っているが、 教師が暴力がないとわかっている生徒が、一線を超えることもある。 「謹慎」「停学」「調査書」などの厳罰化と、 「表彰」「評価」などの加点項目の明確化を図り、 学校というブラックボックスの社会化を期待します
指導者としてはやってはならない行動だったと思う。しかしもし生徒が授業を妨げるようなことがあれば対人間同士として腹が立つのもわかるし生徒も反省しなくてはいけないと思う。教育の指導者としては間違ってるかもしれないが、対人間としては生徒も学ぶことはある。今回は生徒に火がなかったかもしれないけど・・・・・先日ある公立の高校に行ったが、こんな報道ばかりで、子供は学校なめてるし、先生は見て見ぬふりしてるのがベストくらいの人間関係だった。逆に先生になれない先生もいるし、結局は人間同士という事なのかな。先生も生徒もお互い学校に何しに来ているのだろうと思った。あまり教師ばかりたたく必要もないし擁護する必要もない。ある程度のルールの中でお互い尊重し合える環境で心を育んでくれる方が親としてはありがたい。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です