関越自動車道を逆走で亡くなった男性は誰?原因や経緯は?高齢者ドライバー運転【動画・写真】群馬県渋川市

関越自動車道を逆走で亡くなった男性は誰?原因や経緯は?高齢者ドライバー運転【動画・写真】群馬県渋川市

2019年12月1日群馬県渋川市の関越自動車道の下り線で軽乗用車が乗用車と衝突し、軽乗用車を運転していた80歳の男性が死亡し、乗用車に乗っていた70代の男女が重軽傷を負いました。

スポンサーリンク

事故の内容

1日午後2時半ごろ、群馬県渋川市赤城町の関越自動車道の下り線で軽乗用車が乗用車と衝突し、軽乗用車を運転していました。

80歳の男性は運ばれましたが全身を強く打っていて2時間後に死亡しました。

警察によりますと事故の直後、乗用車に乗っていた72歳の女性が「逆走した車と衝突した」と通報したということです。

双方の車は前方から激しく壊れていて、警察は現場の状況から軽乗用車が逆走し、正面衝突したものとみて調べています。

この事故で、関越自動車道は下り線の一部の区間で3時間余りにわたって通行止めとなりました。

スポンサーリンク

関越自動車道の逆走動画

 

運転していた男性の様子は?

前のめりハンドルにしがみついている感じだったそうです。

事故の直前映像

この映像は関越道の上り車線を走行していた車から撮影されたもので、画面右上に下り車線を逆走する車が映っている。

動画には「おじいさんだった。みんな避けてる」という声も入っています。

逆走車は100キロくらい出ていたようにも感じていたそうですね。

かなりのスピードで逆走し、とても怖いことです。

どこから逆走してきたのか捜査しています。

80歳の男性は誰?

事故後、病院に運ばれましたが全身を強く打っていて2時間後に亡くなられました。

名前:津久井豊

年齢:80歳

住所:群馬県渋川市内

スポンサーリンク

負傷された方の状態

乗用車には70代の夫婦が乗っていました。

74歳の男性が両足首を骨折する大けが

72歳の女性が左手首を打撲するなど軽いけが

スポンサーリンク

逆走の事故原因と経緯は高齢が関係?

高齢運転者による死亡事故に係る

75歳以上高齢運転者による死亡事故の人的要因別件数比較 

引用元:https://www.npa.go.jp/

操作不適と、やはり安全不確認がありました。

年齢層別の免許人口当たり死亡事故件数

免許人口当たりの死亡事故件数をみると、75歳以上の高齢運転者は、75歳未満の運転者と比較して死亡事故が多い。

 

やはり今回の逆走も、80歳の高齢者、逆走している認知不足なども考えられるでしょうね。

スピードも100キロくらいとの報道もありましたので、かなりのスピードですが、逆走しているとも思ってなかったのでしょうか?

認知症の疑いもあったかもしれませんね。

警察は経緯を調べています。

スポンサーリンク

ネットの声

逆走に気付かない。
そして走り続ける。
これは異常過ぎる。
高齢者の免許証更新を
厳密に行なう必要が有る。
いい加減国は対策を
考えるべきだ。

高速道路のSAで給油したりして本線に戻ろうとすると、クルマが進むべき方向を示す標識の表示が曖昧で不安に感じるケースがある。
首都高の出口を逆走して入って行く自転車にとってもそこが進入禁止であることは運転免許が無い人には分かりにくい。
こう言った道路表示の不備を徹底的に見直すべき。

高齢者の事故は、後を断ちません。こういう事故が起きると必ず言われるのが、免許返納やその制度の話ですが、それをまず行うのは本人や家族だと思います。親の近くに住んでいれば比較的簡単に可能だと思いますが、離れていると難しいということでしょうね。高齢者の生活環境も踏まえての対応をして、免許返納というのが必要なのだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です