藤原浩の経歴や肩書18個がヤバイ!?ロゴマーク金銭問題相次ぐ!

藤原浩の経歴や肩書18個がヤバイ!?ロゴマーク金銭問題相次ぐ!

金銭トラブルが原因でフードアナリストの藤原浩氏が茨城県の「いばらき大使」を解嘱された問題をめぐり、

水戸市は2019年12月11日、藤原氏の提案に基づき使っていた水戸産梅ブランド「ふくゆい」のシンボルマークの使用を一時中止すると発表しました。

金銭トラブルが相次ぐ

藤原浩さんのをご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

ふくゆいシンボルマーク一時中止に

金銭トラブルが原因でフードアナリストの藤原浩氏が茨城県の「いばらき大使」を解嘱された問題をめぐり、水戸市は11日、藤原氏の提案に基づき使っていた水戸産梅ブランド「ふくゆい」のシンボルマークの使用を一時中止すると発表した。

市によると、2016年度の事業で外部専門家として藤原氏を選び、助言を受けた。

示された複数案から一つのデザインを修正した上で商標登録。

梅干しや菓子の包装に使ってきた。

17年に職員がネット上で類似デザインを発見し、藤原氏に問い合わせたところ「知人のデザイナーから提供された。著作権上の問題はない」と説明されたという。

今回の問題を受け、市が今月、原デザインの制作者に連絡を取ると「藤原氏とは面識はなく、使用も許諾していない」と回答があり、藤原氏の説明が虚偽だったと判明

今後、対応を協議するという。

市は15~18年度に講演会講師や梅ブランド化の助言に対する謝礼として計85万円を藤原氏に支払った。

高橋靖市長は「信じていただけに、裏切られたことは非常に残念です」とコメントを出した。

参考:朝日新聞

発覚の経緯も報道されていました。

こちらが問題になっているロゴ

確かに似てる!!

次々と問題が出てきますね。

藤原浩さんのプロフィール

名前:藤原浩(ふじわら ひろし)

生年月日:1946年

年齢:55歳(2019年12月現在)

出身:岡山県

職業:フードアナリスト

スポンサーリンク

藤原浩さんの経歴

「作り手と食べ手を笑顔で繋ぐ架け橋になる。」をモットーに、食業界の発展に貢献すべく“食のエキスパート”として、食・食空間を総合的に評価できる知識・教養・マナーを身に付けたフードアナリストの育成に尽力する。また、TV番組の企画・構成、コメンテーターなど幅広く活躍する “フードアナリスト界の星”。

・TVの構成作家に弟子入り後、番組制作業務に携わる。その経験を活かし、CMやTVドラマなどの音楽制作プロダクション会社に入社。

・その後、広告代理業務に従事し、主にアパレル事業を支援。

リーバイスの販売コンテストで日本一を達成(20,000店舗中)。

アメリカ本社に招待されて表彰を受け、セールスマスターとしてマーケティングアドバイザーを兼任。

・世界一のマネジメントを目指し、モータースポーツ界に転進。イタリアを拠点として世界全大陸を転戦。マネジメントしたレーサーが世界チャンピオンになり、その功績からヨーロッパでの地位を確立。

・現在、食文化研究、各種メディア出演、情報・報道・バラエティー番組でのコメンテーターや番組監修、執筆活動、講演活動、法政大学のエクステンションカレッジ講師、企業などへのアイデア提供やプロモーション計画立案など、多くのステージで活躍。

また、(社)日本フードアナリスト協会スーパーバイザーとして、フードアナリスト育成にも尽力。

主任講師として、その幅広い知識とグローバルな見識で、人気を博し、全国を飛び廻っている。 年秋に出版のレストラン格付けガイドブック「アテナイオス」の格付選定委員会 委員長。

・2009年秋に出版のレストラン格付けガイドブック「アテナイオス」の格付選定委員会 委員長。

・プライベートでは、家族をこよなく愛するよき夫でもある。

引用:http://okeiko-co.jp/

紹介されていました。

家族をこよなく愛する夫でもあるのですね。

肩書が18個もある!

・食品化研究所

・フードアナリスト

・株式会社フレールの代表

・農林水産省「食のオフィシェ」

・クールジャパン推進会議茨城県地方会議メンバー

・日本フードアナリスト協会常務

・日本フードアナリスト協会検定試験委員

・いばらぎ大使

・いばらき食のアドバイザー

・茨城県総合計画審議委員

・笠間市ブランディングアドバイザー

・鉾田市未来造像プロデューサー

・高萩市ブランディングアドバイザー

・古河市ブランディングアドバイザー

・山形県観光・つや姫大使

・山形県萩市ふるさと大使

・やまがた伝統野菜ブランディング推進メンバー

・富山さかなブランド推進協議会

驚くほどの肩書があります。

しかし・・・

㈱フレールは、実在しない会社を名刺に書いていたみたい!!

肩書きがあると、人間信用してしまう世の中ですね・・・

ちょっと怖い感じします。

みんな信用するって・・・

スポンサーリンク

そして、最近では他にもトラブル続きで・・・

金銭トラブルを受けて茨城県の「いばらき大使」を解嘱されたフードアナリストの藤原浩氏(55)は、自身の名刺に実在しない会社名を明記して「代表」と名乗っていた。

毎日新聞の記事はこちら

藤原氏は毎日新聞の取材に「見えを張ってしまった」と述べ、詐称だったことを認めた。

毎日新聞が入手した藤原氏の名刺には、茨城県のシンボルマーク「県章」や県内の地図がデザインされ、複数の肩書が並んでいる。

一番上にある肩書は「いばらき大使」で、すぐ下に「株式会社フレール 代表」と記載されている。

 藤原氏は取材に対し、会社が実在しないことを認めた上で、「見えを張って名刺に株式会社と表記してしまった。私の落ち度。深く反省している」などと話した。

普段の業務は「個人事務所でやっている」とした。

 いばらき大使だった藤原氏を巡っては、県内の食品関連会社3社が宣伝やデザインを依頼したのに実行されなかったなどとして、費用の返還を求めて提訴。

うち2社が勝訴している。

これらの訴訟を準備していた原告側が「株式会社フレール」の代表者や実態を確認するため、法人登記を取得しようとしたところ、登記が存在しなかったという。

訴訟の判決も「存在しない法人と解される」と認定していた。

会社側は近く、「被害者の会」を設立する。

水越健一氏の新会社設立トラブルについて

小野瀬水産の新製品開発トラブルについて

高橋肉店のロゴデザイン委託トラブルについて

 

そして、他にも被害を公表してない事業者にも入会を呼びかけているそうです。

大変なことになっていますね。

スポンサーリンク

問題になっているロゴ

高橋肉店さんのロゴ

ふくゆいシンボルマークロゴ

めちゃくちゃ似てますね~

藤原浩さんって・・・

情熱大陸の密着取材中なので待ってほしい・・・嘘

小室哲也さんのマネージャーをしていた・・・嘘

色々なことが出すぎな感じしますね~

スポンサーリンク

まとめ

とてもトラブル続きになっていますが、詳細を追記していきます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です