【ヘナトリートメント】白髪をオレンジに染めたくない方必見!温度と分量がポイントの秘訣

【ヘナトリートメント】白髪をオレンジに染めたくない方必見!温度と分量がポイントの秘訣

こんにちは、ままいっちです。

ヘナは髪の毛を白髪染めするだけでなく、トリートメントとしても活用することができます。

毎日の髪の毛のケアにお役立ていただける!!

ヘナトリートメントのご紹介です。

スポンサーリンク

ヘナって何?

ヘナの産地

ヘナはインド中近東などから、熱帯地方に多く自生する低木で、産地異なる条件にって、産地ごとにヘナの性質も異なったりすることもあり

インドの北西部のラジャスタン地方はヘナの栽培に必要な気候、土壌、水が最も適していて、とっても質の良いヘナが収穫できる地域といわれています。

ヘナの活用方法はさまざま

ヘナは5000年前、古代エジプト時代からおしゃれや、宗教的な儀式で頭髪、爪、手足の彩色、傷、火傷、打撲、殺菌などにも使用されてきました。

そして白髪染はもちろん、染色剤、マニュキュア、抜け毛予防、髪の毛のトリートメントとしても使用できます。

ヘナの成分

ヘナの葉に含まれる成分

ヘナの葉には、ローソニアアルベという成分が含まれています。

ままいっち

アーユルヴェーダで、身体のケアにも使われたりもしているんですよ~ 

ヘナって色々と活用できるですね~毛染めだけと思っていました。

身体にも優しく、毛染めも、トリートメントもできて嬉しいですね 

ローソニアアルベって

ままいっち

ローソンという酸化型赤色色素という成分が含まれていて、この成分が毛髪の主成分であるケラチン(タンパク質)に絡む性質があって、髪の被膜を形成するの!

被膜をつくるから艶がでるのね!植物なのに、不思議ね~

ままいっち

被膜を作るからトリートメントとしても利用でき、オレンジ色に発色するので白髪染めができたり使用できるんですよ 
スポンサーリンク

ヘナトリートメントとしての利点

ヘナをしていると、髪の毛の質がどんどんキレイに変わってきます。

最初は、キシキシと感じる方もいらっしゃいますが、3回目くらいから嬉しくなるような手触りに、変化してくるんですね。

髪の毛の保湿力を高めて、ツヤツヤになり、硬い髪の毛や、くせ毛でお悩みの場合にも、回数を重ねるごとに落ち着きが出てきますよ。

年齢と共に、髪にボリュームがなくなったり、薄毛になり年齢を感じている方にも、ハリのある髪の毛に変化してきますので、是非参考にしてくださいね。

ヘナトリートメントは髪の毛は染まる?

トリートメントとしてヘナを使用したいけど、髪の毛を染めたくない!!場合もあると思います。

ままいっち

今回は、黒髪の場合インディゴを使用しない!!ヘナ100%の使用例をご紹介しますね。 

こちらの写真はヘナ100%を使用し、ヘナをトリートメントとして利用されています。

ヘナは白髪の髪の毛にはオレンジ色に染まりますが、白髪がほどんどない場合には、黒髪にはヘナの色はほとんどわかりません。

ままいっち

置く時間によっては、数本の白髪はオレンジ色になりますので気をつけてくださいね 

私だったら、ほとんど白髪ないから黒髪に交じってオレンジになるなら、白髪が目立たないからいいですね~

ままいっち

そしてトリートメントで髪の毛に色をつけたくない場合は、放置時間、量を少なくすることね! 
スポンサーリンク

ヘナトリートメントとして利用する場合の分量と時間は?

まばら白髪が数本の黒髪の場合

まばらに白髪がある男性の例になります。

白髪がオレンジ色になっても良いとのことでしたので、ヘナを通常通りおこなっています。

ヘナ100%だと白髪にはメッシュのようにオレンジ色が入ります。
分量:ショートの場合は、30g~目安

放置時間:60分くらい放置していました。
若干、乾燥ぎみの髪の毛の質により、少しオレンジ色が、黒髪に入っているように見えますが、数日すると目立たなくなります。

白髪を染たくない場合のやり方

100円ショップで売っている、シェイカーボトルに、へナを入れてヘナをゆるめに溶いて、シェイカーボトルに入れ振り、お風呂で塗ってヘナシャンプーのように、使用することもできます。

分量:小さじ1杯くらい~目安 ぬるま湯を入れて振る

放置時間:2分~3分

ままいっち

ヘナの分量を少なくして利用してね!放置時間は15分以上置くと染まる場合があるので注意してくださいね 

明るく毛染めをされている場合は、現在の髪の色が変化しますので、ヘナをさらに少量にして、時間を短く置いてください。

痛みがない髪の毛の場合

ヘナ100%だと白髪にはメッシュのようにオレンジ色が入ります。

分量:ボブ、セミロングの場合は、40g~目安

放置時間:120分くらい放置していました。
白髪にはオレンジ色がしっかり入っていますが、黒髪にはオレンジ色は目立ちません。

白髪がなく、ほとんど黒髪の場合

分量:ロングの場合は100gが目安 

ヘナを40~45℃のぬるま湯で、マヨネーズ状になるまで溶いて塗っていきます。

放置時間:黒髪なのでほとんど入らないので、20分~長く時間を置いてもらっても大丈夫です。
カラーリングをしている場合は、色が少しオレンジ~赤に色が入りますので、20分以内に流してください。

 

ままいっち愛用!これだけ揃えるだけでOK!白髪染め・髪の毛の艶々おすすめセットコース!

ご購入はこちらから

まとめ

ヘナは白髪染めだけではなく、ヘナトリートメントとしても活用できます。

白髪の量によって、ヘナトリートメント分量や、放置時間が変わります。

髪の毛を染めたくない場合のヘナトリートメントとしての活用方法、是非参考にして頂けたら嬉しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です