聖火リレー最終ランナーは誰?予想はイチロー?各国最終ランナー共通点から推測してみた

こんにちは、ままいっちです。

2020年東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定の夏季オリンピックになります。

現在注目されている最終の聖火ランナー走者!!

東京五輪2020聖火最終ランナーは誰?

予想はイチローと話題に!

過去歴代の著名人の最終ランナーはどんな人だった?

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

2020年のオリンピックの最終ランナー走者は誰

2920年のオリンピックの最終聖火ランナーは誰になるのでしょうか?

たくさんの著名人などが予想されています。

最終ランナー走者については、有名な人を選んでしまうと「その人のストーリー」になってしまう。

それより、今、日本が発信するべきメッセージ

・環境問題に取り組んでいる人

・男女平等という意味で女性

などからグループで一緒になって火をつけるのがいいと思います。

などの意見もありました。

 

では、SNSやメディアなどでは、最終ランナーの予想ランナーどうなっているのでしょうか?

第1位 イチロー

第2位 高橋尚子・羽生結弦

第3位 浅田真央

などの声もあげられていました。

スポンサーリンク

最終ランナーについてネットの声

 

歴代過去の最終走者ランナーも、ご紹介させていただきます。

過去歴代の著名人の最終走者ランナー

1964年東京オリンピック

最終ランナー:酒井義則さん

広島への原爆投下日に生まれたことから選出されました。

1984年ロサンゼルスオリンピック

最終ランナー:レイファー・ジョンソン 

十種競技選手、メルボルン五輪・銀、ローマ五輪・金

1984年にはロケットマンが登場しました。

1992年バルセロナオリンピック

最終ランナー:アントニオ・レボジョさん

アーチェリー選手

スポンサーリンク

1996年アトランタオリンピック

最終ランナー:モハメド・アリさん

伝説のヘビー級ボクサー

引退から3年が経った42歳のとき、現役時代に受けた頭部へのダメージが原因とされるパーキンソン病と診断され闘病生活を送っていました。

パーキンン病で震える手で見事に点火されました。

1998年長野オリンピック

最終ランナー:伊藤みどりさん

トリプルアクセル世界初成功

 

2012年ロンドンオリンピック

最終ランナー:サッカーのデビッド・ベッカム選手

 

2016年リオオリンピック

最終聖火ランナー:バンデルレイ・デ・リマさん

 

2018年平昌オリンピック

最終聖火ランナー:キム・ヨナさん

バンクーバオリンピックで金メダル

これから、詳細は随時追加させていただきます。

スポンサーリンク

まとめ

ままいっち

最終走者は誰になるのか楽しみですね! 詳細は追記していきますね
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です