【体験談】エルゴ抱っこ紐とベビーカー両方使った私が教える!オススメの使い分け方法

【体験談】エルゴ抱っこ紐とベビーカー両方使った私が教える!オススメの使い分け方法

こんにちは、ままいっちです。

エルゴ抱っこ紐とベビーカー、どちらを多く使いましたか?

私は今考えると、ベビーカーをあまり使用することがなくて、エルゴ抱っこ紐ばかり使用していました。

42歳高齢出産の私、何を揃えたらいいのかわからなくて、友達に聞きまくり必要なものはほとんど揃えましたが、使用しないものも沢山ありました。

3歳ごろまでの、エルゴ抱っこひもとベビーカーの私が実際に使用した使い分け方法 をご紹介させていただきます。

費用もかかるので、どちらか一つのご購入をお考えの場合に、ご参考になればと思います。

スポンサーリンク

エルゴ抱っこ紐(エルゴベビー)って?新生児から赤ちゃんに、安心感を与えてくれる優れもの

エルゴベビー・ベビーキャリアは2003年にハワイマウイ島で誕生し、抱っこをする人と、赤ちゃんのための「動きやすさ」「快適性」を追求したデザインになっています。

現在50ヵ国で販売され、たくさんの賞を受賞している商品で、「もっと、ずっと抱っこしたい」という一人の母親の思いから誕生したのがエルゴベビーです。

また、自然な姿勢のまま抱く設計で、赤ちゃんの背中はゆるやかにカーブしていて、脚を曲げているので、素手の抱っこと同じように、おしりから膝裏まですっぽり支えられているから上半身が安定し、 手や膝下も自由に動かすことができて、呼吸もしやすいです。

デザイン・カラーも豊富で、専用のアクセサリーも充実していますので、パパにも使ってもらえるので、デザインを選びやすくなっています。

私自身も使用し、赤ちゃんとの密着感が何より安心でき、赤ちゃんも安心いつもスヤスヤ眠っていましたよ。

エルゴ抱っこ紐は、いつから、いつまで使用できるの?

●エルゴベビーアダプトは、新生児から使用できます。

●エルゴベビーの定番シリーズは、 生後4か月 エルゴベビーは、インサート(下記写真)をつければ新生児から利用できます。

エルゴビーの体重制限は20㎏まで

・私はインサート付の、エルゴベビー定番シリーズを購入しました。

 インサートは、あまり使用しなかったです。

・エルゴ抱っこ紐は、3歳くらいまで使用していました。

インサート付のご購入はこちらから

色々な使い方ができるエルゴ抱っこ紐

対面抱き、前向き抱き、腰抱き、おんぶ とさまざまなシーンで抱き方を変えることが出来るので、便利!

私は、おもに対面抱きと、おんぶで活用していました。

娘もママの温かみを感じて、とっても安心していましたので、家事などもスムーズにできていましたよ。

ご購入はこちらから

 

エルゴ抱っこ紐のメリット&デメリット?

●メリット

・階段などもスムーズに移動がラクラクできるので、外出が多いママには最適

・密着感があって、子供もママも安心できる

・眠ってしまっても、そのままベットに移動して寝かすことができて便利

・重さをあまり感じない

・丈夫なので、汚れても簡単に洗濯がしやすい

●デメリット

・エルゴの種類によっては、夏は少し暑く感じる

・体重に比例し、重たくなる

セットでご購入はこちらから

ベビーカーを使う頻度はどうだったか?

新生児から使用できるベビーカーも使用していましたが、結局はエルゴ抱っこ紐ばかり使用していました。

私自身が移動範囲が広く動きまくっていましたので、車移動の際のベビーカーの積み下ろしの手間、階段などの昇り降り、電車移動の際に邪魔になりました。

なので、ほぼ新品状態でした。

体重が重くなってからは、コンパクトタイプのバギーを使用するようになって重宝しましたよ。

まとめ

移動が多いママには、エルゴ抱っこ紐のほうが便利です。

ご自身の行動範囲を想像し、どちらか一つに選択するのも良いと思います。

ベビーカーは瞬時に動きがとれないので、あまり移動の少ない方にはオススメです。

2つ購入するのもいいと思いますが、使用頻度が少なく偏って使用していた場合は、どちらか一つに選択するのもよいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です