【2019】中秋の名月のお月見はいつ?満月とは限らない!

【2019】中秋の名月のお月見はいつ?満月とは限らない!

こんにちは、ままいっちです。

秋になると、お月見の季節がやってきますね。

中秋の名月といえば満月と連想しますが、満月ではないのですね!

2019年の中秋の名月はいつ?

満月とは限らないのは何故?

をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

中秋の名月の由来や意味は?

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)って?

中秋の名月は、中国では唐の時代から知られており、日本へは平安時代の貴族の間に取り込れられ、昔は湖に浮かぶ月見をしながら詩を歌い、宴をしたのが月見のはじまりとされています。

また、昔は月の満ち欠けにより、おおよその月日を知ることで農作業などを行っていました。

農民の間では、収穫に感謝し収穫祭としての習慣があり、中秋の名月の満月にお団子やススキなどのお供え物をして、日本各地に伝わっています。

 

中秋の名月は、ハ月十五夜(旧暦8月15日から16日の夜)の夜の月をいい、8月15日を中秋の名月と呼んで親しまれています。

ちなみに、旧暦7月を「初秋」、8月を「仲秋」、9月を「晩秋」といいます。

 

月の模様は、「ウサギさんがいてるよ~」など、古くから子供などにも月の話は伝えられ、親しまれていますね。

旧暦8月15日の月は、中秋の名月と有名で、十五夜とも呼ばれています。

スポンサーリンク

なぜ、秋に月をみるようになったのか?

満月は地球から見て反対側にあり、夏は低く冬は高くなり、見上げるにちょうど良い満月は、春か秋になります。

秋晴れという言葉があるように天気の良さでは秋が月見シーズンとされています。

十五夜と満月はずれている?

暦の関係で、中秋の名月は必ず満月とは限りません。

中秋の名月って8月15日だけど、これは太陰太陽暦(旧暦)のことで、新月から数えて15日目の夜ということになり、2019年は9月13日になり、満月は次の日の14日になります。

満月は地球から見て、太陽と月が反対方向になった瞬間の月の事をいいます。

名月は十五夜は陰暦15日の夕方に出る月という決め方は簡単ですが、必ずしも満月が(月と太陽が地球を挟んで反対側に来る瞬間が同じ日になるとは限らないからだそうです。

2019年は中秋の名月(十五夜)は?!

2019年9月13日(金)になります。

満月は14日になります。

スポンサーリンク

十三夜って?

九月十三夜(旧暦9月13日から14日の夜)の月「後(のち)月」と呼ばれ、十三夜には枝豆や、栗理などを供えることから、豆名月(まめめいげつ)、栗名月(くりめいげつ)とも呼ばれています。

また十三夜は、数え方として新月から数えて13日目の夜を十三夜といいます。

旧暦では9月13日が十三夜になりますが、今年は2019年10月11日が十三夜になります。

十五夜は満月近くになりますが、十三夜の満月は2019年10月14日なので満月にはなりません。

中秋の夜が雨や曇りの場合もある

とっても楽しみにしていた、中秋の夜!!

中秋の夜は必ずしも、お天気が良いとは限りませんよね?

・中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」

・夜に雨が降ることを「雨月(うげつ)」

そして、綺麗に月見ができた場合は、「良夜」と呼び、さまざまな呼び方があります。

良夜になってほしいですね!

お月見団子とススキはどんな意味があるの?

スポンサーリンク

お月見だんご

お月見のお供えといえば、お月見団子ですよね。

月見団子は満月を模しいたもので、その年の収穫への感謝や健康をあらわしています。

お団子は十五夜なら15個、十三夜なら13個をピラミットのように積んで供えます。

月見団子は真っ白な白い玉だんごで、スピリチャルでは月の霊力を持つ真珠のようなものと、信じられている由来があります。

お供えが終わった後は、みんなで一緒に食べて月のエネルギーをいただき、健康で幸せになると信じられてきました。

ススキ

ススキを供えるのは、お米の稲穂をイメージしたものになり、実際には稲穂もお供えされる地域もあります。

月の神様が降りてくるとしています。

そして、ススキには魔除けの力もあると信じられていました。

まとめ

8月15日は旧暦であって、その日は満月とは限らなく、1ヶ月遅れになるということですね。

お月見団子とススキは日本では、とっても子供も馴染深くなってきています。

お天気が良ければ、家族と一緒に夜空を見上げてお月見も良い時間になりますね。

是非参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です