ビートたけしの再婚相手の顔画像は?元妻と子供は?円満離婚だった?

ビートたけしさんが、再婚されました。

婚姻届けも提出されているようです。

ビートたけしさんの再婚相手や、子供、元妻について

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ビートたけしさんの再婚報告と顔画像

ビートたけしさんは、以前から交際相手とあったA子さんとは8年前から交際していました。

現在ではマネジメント業務も任せている、公私両面のパートナーと語り、再婚されました。

再婚相手のA子さんとは8年前から交際していて、2015年には個人会社「T.Nゴン」を2人が中心となって設立されています。

18年に所属事務所「オフィス北野(現TAP)」を退社してからは、A子さんがたけしのマネジメントを担っていました。

以前から噂になっている再婚相手はこちらの方ですね。

横井喜代子さんという名前でも以前から噂になっていた方です。

こちらも、調べてみると本名ではなく仮名のようですね。

2018.03.27の掲載

その当時掲載されていたのは、ビートたけしさんは71歳のとき、噂の愛人としていたのは18歳年下の愛人、チカさん(仮名・53歳)と報じられています。

「父親が九州の県議会議員を務めたほどのお嬢様。

関西の有名ホテルで “スーパーバイザー” を務めていて、銀座のホステス経験もある」

(チカさんを知る人物)

仮名:横井喜代子として愛人として話題になっていた。

年齢は55歳(2020年2月現在)

出身:熊本県

銀座ホステスも経験

2009年ホテル事業の会社を設立

2013年に会社を解散

関西の高級ホテルの「スーパーバイザー」

父:元大手広告代理店の幹部、その後熊本県会議員を務めたことがある

スポンサーリンク

ビートたけしさんとの馴れ初め

 2012年ごろに酒席(西麻布バー)で知り合りあい、たけしさんはチカさん仮名に傾倒を強めていくと報じられていました。

たけしは著書でA子さんとの生活を「食事にも気を使ってくれるし、最近なんか、朝起きりゃ、寝たまんまパンツをはかせてくれて“はい、いってらっしゃい”みたいな感じ」

とても、仲が良いご夫婦ですね。

その当時・・・

10億円以上といわれるたけしさんの年収は、これからチカさんの新会社が管理する。

たけしは、テレビで「T.Nゴン」の由来を<Tがたけし、Nは(次作の)小説の主人公の名前で、ゴンは自分が飼っている犬の名前>と説明したが、じつは、たけしが呼ぶチカさんの愛称こそ「○○ゴン」なのだという。 

2018.03.27の掲載FLASH

 

20年以上たけしさんを担当していた50代の女性専属スタイリストのSさんが3月いっぱいで解雇されたことがあったそうです。

その時の、報道によると

「スタイリストは仕事上、採寸や衣装の微調整のためタレントさんの体に触れることがありますが、Aさんがその行為を許せなくなったようなんです。今年1月、Aさんは突然『たけしの体に触るな!』と激怒してSさんに契約解除を言い渡した

2019年5月14日 ライブドアニュース

ともあり、スタイリストは仕事上、採寸や衣装の微調整のためタレントさんの体に触れることがありますが、Aさんがその行為を許せなくなったようなんですね。

“たけしさんがAさんの言うことしか聞かない状態とも・・・

たけしさんが、引っ張られてる感じの、しっかり者の妻ですね!

 

今までに、色々と噂されていた交際相手との再婚!

年齢がたけしさん73歳(2020年2月現在)で、最高齢結婚になりましたね。も

スポンサーリンク

ビートたけしさん離婚へ

ビートたけしさんの元妻は、幹子さんといいます。

2019年5月に離婚が成立されているみたいです。(スポニチ)

元妻:幹子さんは元女性漫才「ミキ&ミチ」で活動し、たけしさんとと1983年(80年)に結婚(正式な婚姻届は83年)され、40年近い結婚生活でした。

 

たけしさんに不倫や隠し子騒動が浮上したり、86年のフライデー襲撃事件など、夫婦の危機もありました。

1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で、ビートたけしこと北野武(以下「たけし」、当時39歳)と当時親密に交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、『フライデー』の契約記者が女性が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせた

この事を知ったたけしは激怒し、フライデーの発行元である講談社に電話をかけ、強引な取材に抗議した上、「今から行ってやろうか」と通告したこともありました。

翌12月9日の午前3時過ぎ、たけしは弟子集団であるたけし軍団の一部メンバー11人と共謀して、東京都文京区音羽にある講談社本館のフライデー編集部に押し掛けてその結果、暴行傷害事件へ発展しました。

裁判でたけしが証言したところによると、たけしの妻である北野幹子さんが子供を私立校の入学試験に連れて行くところを写真に撮られ、このため学校から「子供の写真が週刊誌に掲載されるようでは入学させられない」と言われてしまった。

のちにたけしは「マッチの軸と先」の比喩で、専門学校生への取材が切っ掛けとはなったものの、それまでの鬱憤が蓄積されていたと語っています。Wiki参照

 

1994年8月2日には、たけしがバイク転倒事故で重傷を負った時には、幹子さんが集中治療室の隣の部屋に泊まり込んで看病を続けたこともあったそうです。

この当時は、愛人宅に行く途中の事故とも話題になっていましたね。

 

当時は、2015年9月、世田谷区の豪邸、通称「等々力ベース」の土地を夫婦共有から、北野武名義に変更、建物も彼の名義になった。

10月「T.Nゴン」を設立。

11月には、ここでチカさんとの同棲生活を開始していることが報じられ、以降、オフィス北野との衝突の機会が増えていきました。

その当時「A子さんのマンションで同棲状態のたけしさんが彼女と結婚するため、100億円ともいわれる財産をすべて幹子夫人に渡して離婚するとの内容でした。降ってわいた“最後の恋”に関係者の衝撃は大きかった」とも言われていました。

A子さんとの愛を選び、当時のテレビ番組では「身も心もスッキリする。お金取られた~。情けない」と冗談めかして話し、再婚について「したってしょうがないよ。と言ってて、するかもしれないけどな」とにおわせていたそうです。

結婚生活40年近くあると、元妻との歴史も色々ありましたね。

さまざまな財産分与の問題など抱えなかが、離婚は最近ということで長丁場だったようですね。

スポンサーリンク

ビートたけしさんの子供

たけしさんと、幹こさんとの間には子供は1男1女がいます。

名前:北野 篤(きたの あつし)

生年月日:1981年3月

年齢:38歳(2020年2月現在)

職業:広告プランナー 

職場:博報堂ケトル

《実はもう父とは二年近く連絡が取れない状態が続いています》
《父の周りにいる顔ぶれもすっかり変わり、そうした人たちの悪い噂も見聞きするようになった。この状態を放置している父は何を考えているのか。何もできないのでしょうか》

『週刊文春』5月2日号

たけしさんとAさんのことで語っているようですね。

 

名前:北野井子(きたの しょうこ)

生年月日:1982年

年齢:37歳(2020年2月現在)

職業:不明(以前は歌手)

1997年15歳頃に父の協力をうけて映画「HANABI」で芸能界デビュー

1998年16歳頃にXJAPAN YOSHIKIプロデュースで歌手デビューもしたことがある

1999年芸能活動を休止し、アメリカ留学へ

スポンサーリンク

まとめ

ビートたけしさんの再婚には色々とあったようですが、再婚を決意されたことは良かったですね。

残りの人生、再婚された奥様と幸せに・・・

詳細は追記させていただきます。

最後までお読みくださりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です