青井硝子の顔画像は?どんな人?「雑草で酔う」の著者が逮捕なぜ?の声多数!

こんにちは、ままいっちです。

青井硝子さんが、逮捕されました。

逮捕について、なぜの声も多数あがっています。

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

青井硝子さんが逮捕

幻覚成分を含む茶を販売したなどとして、麻薬取締法違反のほう助の疑いで、販売サイト運営者の男(33)が京都府警に逮捕されていたことが20日、分かった。弁護人は「原料の植物は麻薬ではなく、茶にすぎない」として不当逮捕と反発している。

男は農業を営み、青井硝子の名で雑草に関する著書もある。

 植物は沖縄県などで自生するアカシアコンフサ。同法上、麻薬とは定義されていないが、政令が規制する幻覚成分ジメチルトリプタミン(DMT)を含有する。

 男は昨年7月、粉末を説明書付きで客に販売。

その客が煮出してDMT入りの茶を作り、飲用するのをほう助した疑いで今月3日逮捕された。

KYODO

スポンサーリンク

青井硝子さんの顔画像!どんな人?

また今回の薬草とは別だと思いますが、アヤワスカという薬草についてインタビューされていました。

インタビューはこちらから

アヤワスカを体験することで意識が変わったり、感覚が冴えたり、ピースフルになったりする良い面はわかりました。ただ、それとは反対に悪い面が出てしまう場合もあるんでしょうか?

 確かにいますが、割合としてはすごく少ないですね。(アヤワスカ茶を体験する「お茶会」では)きちんと場をセッティングして、(私たち主催者側は)“向こう側”との渡りのつけ方も学んできましたから、対処可能です。

ただ、初期はひどかったですね。

叫び続ける女性とか、「鬼が下からわき出てくるんだよ~」って言いながら家の梁をねじろうとする男性とか。

そんなときは落とし薬(アヤワスカの作用を抜くための薬)を飲ませて、なだめながら別室に移動させて事なきを得ました。

Twitterもされています。

「雑草で酔う」を出版されています。

 

2019年10月25日に発売された話題の書籍『雑草で酔う ~人よりストレスたまりがちな僕が研究した究極のストレス解消法~』(彩図社)の著者である青井硝子氏へのインタビュー企画。

スポンサーリンク

アカシアコンフサの粉末

販売されていたアカシアコンフサの粉末

植物は沖縄県などで自生するアカシアコンフサ。

同法上、麻薬とは定義されていないが、政令が規制する幻覚成分ジメチルトリプタミン(DMT)を含有する。

と報道ではあります。

青井硝子さんの見解は以下になります。

スポンサーリンク

青井硝子さんの逮捕について

青井硝子さんの逮捕について、麻薬及び向精神薬取締法違反幇助容疑で京都府警に逮捕されました。

この事件について同書籍の担当編集者である私の見解を述べています。

文書の内容は青井さんの弁護人のチェックを受けています。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です