【ながら運転】カーナビを2秒以上で罰金3倍18000円にも!?操作はどこまでOK?

【ながら運転】カーナビを2秒以上で罰金3倍18000円にも!?操作はどこまでOK?

こんにちは、ままいっちです。

2019年12月1日より、スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道交法が1日、施行されました。

ながら運転罰則化

について、変更点とカーナビなどの操作についてどうなるのか?

少しご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ながら運転厳罰化の料金と点数について

スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道交法が2019年12月1日から施行されました。

罰金料金や、違反点数も大幅に変更されました。

改正法では・・・

運転中の携帯電話での通話や、画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の点数をこれまでの1点から3点

通話や注視により交通の危険を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」を2点から6点に変更になりました。

「保持」の反則金・・・

「大型車」は、7000円から25000円

「普通車」は、6000円から18000円

スポンサーリンク

カーナビ操作はセーフ?アウト?

カーナビ操作の場合はどうなるのでしょうか?

カーナビも注意が必要になってくるそうです。

カーナビ操作はセーフかアウトになるのか?!

・カーナビなのにちょっとも見ちゃいけないの?

チラ見程度ならセーフ

画面を注視した場合はアウト

だそうです。

警察庁の見解では・・・

2秒以上画像を見続けることががチラ見ではなくなるということですね。

これまでの罰則は・・・

1点及び6000円の反則金3点及び18000円の罰則金

になるそうです。

スポンサーリンク

スマホ携帯のイヤホンを使った通話は?

携帯電話の使用は、運転中は禁止になっています。

道路交通法上は「当該自動車等が停止しているときを除き」と定義されています。

なので、信号待ちなど車が停止している時にはスマートフォンを利用することは法律上セーフということになります。

しかし・・・

ながらスマホで事故を起こした、危うく事故を起こしかけた場合

従来では反則金でしたが

2019年12月からは刑事手続の対象になり

1年以下の懲役

30万以下の罰金

になります。

参考:警察庁ながらスマホ

一発免停にも・・・

カーナビやタブレットなども同様だそうです。

 

・イヤホンを使った通話はどうなるのでしょうか?

 

スマホ・携帯電話の通話について・・・

イヤホンを使った通話については

片耳セーフ

両耳アウト

だそうです。

両耳だと音が聞こえずらくなるからだとか。

スポンサーリンク

まとめ

ドライバーがスマホを操作しながら運転した車による死亡事故が相次ぎ、遺族らが罰則強化を求めていたことから変更になったようですね。

今後、また追加していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です