山本昌彦のwiki風プロフィール!春栄丸の船長で息子も漁師!経歴や年収や顔画像

山本昌彦のwiki風プロフィール!春栄丸の船長で息子も漁師!経歴や年収や顔画像

こんにちは、ままいっちです。

2020年、令和2年1月5日に初競りが豊洲市場がはじまりました。

恒例のの大きいマグロを釣っている漁師は誰なのでしょうかさんでした。

山本昌彦さんプロフィール、経歴、年収はいくら?

結婚して妻や子供は?

をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

2020年のマグロ初競り価格と落札

過去最高の初競り金額は2019年に3億3,360万円と最高額の値で競り落とされました。

今回も競り落とし業者は、恒例になっている!!

つきじ喜代村の木村清社長でした。

過去には、6年連続記録もあり有名ですね。

2020年のマグロの初競りは、青森県大間産(クロマグロ)

276㎏ 1憶9320万円という値をつけました。

昨年の高値とはいかなかったようですが、2憶弱にはなりましたね。

1キロ70万円で、史上2番目の高値となりました。

初競り漁師は、山本昌彦さんです。

スポンサーリンク

山本昌彦さんのプロフィール

名前:山本昌彦

年齢:54歳(2020年1月現在)

漁船:春栄丸

漁師歴:40年

「春栄丸」は父と母の名を1文字ずつもらって名付けたという、大間の一本釣りマグロ漁船だそうです。

「漁師をやっていれば初競りで最高値を付けてもらうのは夢。長年の夢がかなった」とうれしそうに語られました。

山本さんはマグロはえ縄漁船の船長で、漁師歴は約40年というベテラン

これまで何度も初競りに向けて出荷してきたが満足できる結果が得られず、数年前には船が火災に遭うなど苦しい時期もあっただけに「とりあえず良かった。令和初で縁起も良い」と喜びをにじませたそうです。

今回のマグロは、昨年2019年12月29日朝、竜飛崎沖の津軽海峡で息子の昌平さん(30)と釣った大物だっそうで、お客さんに『おいしい』と言ってマグロを食べてもらいたい」とほほ笑まれたそうです。

スポンサーリンク

山本昌彦さんの年収はいくら

毎年驚くほどの高値をつけるマグロですが、取り分や、年収はどれくらいなのでしょうか?

マグロ漁は天候にも左右され、獲れないときは1ヶ月間は全くとなれかったりするなこともあり、とても不安定な仕事と体力と忍耐がいる仕事でもあります。

マグロの価格だけ聞くと、「漁師は儲かる」などと言われがちですが、実際はマグロ漁だけで生活をするのは、大変なことだとも言われています。

山本昌彦さんの年収は公開されていませんので、予想になります。

今回は、276㎏ 1憶9320万円と値をつけました。

漁師の取り分はいくらになる?

2018年テレビから漁師の取り分は89%と紹介されていました。

落札金額の89%の金額が取り分になるそうです。

1憶9320万円✖89%=1憶7194万8000

がマグロ漁師の税引き前の収入金額になります。

そこから、税金が差し引かれます。

そうすると、約8200万円前後になると思われます。

落札金額の分配について

落札価格が決まると、どのように分配されるのでしょうか・

内訳

・都道府県の漁連(1.5%前後)

・水揚げした漁港(4%前後)

・セリにかかけるまで預かる荷受け業者(5%前後)

そこから差し引かれた金額に、所得税(約4割)がかかります。

そして住民税も10%

そこから考えも、高値がつくと年収も高くなりますが、初競り価格の値が安くつくと、漁師さんの取り分も少なくなるので、とてもドキドキする瞬間ですね。

その時の天候も左右されながら、体を張って、海に出て漁をて最初の初競りの1番マグロの漁師になるということは、とても関心がもたれ、一番マグロを獲得するということは素晴らしいことですね。

スポンサーリンク

結婚して家族は?妻や子供はいてる?

山本昌彦さんはご結婚されているのでしょうか?

妻や子供もいらっしゃいます。

息子さんと、3人の娘さんがいらっしゃるそうですが、テレビでは一人の息子と娘さんでした。

山本昌彦さんの妻の名前は、良子さんといいます。

娘さんはの名前はさん

息子は:昌平さん

といいます。

竜飛崎沖の津軽海峡で息子の昌平さん(30)とご一緒に漁に出られています。

山本昌彦さんの苦労の道のり

山本昌彦さんには苦労の道のりがありました。

親子二人三脚で歩んできていた道のりも、平坦な道ではありませんでした。

これまで、思うような初競りでも結果が出ず・・・

さらに3年前に船が燃えて全焼します。

2年間マグロ漁に出れず、昆布漁などで生計を立てていたといいます。

娘さんの潮さんが結婚した年に、船が燃えました。

その後、1億円以上の船を借金で購入します。

苦難を乗り越えながら、先月2019年12月29日276㎏のマグロを釣り上げました。

娘さんは、父が期待するなっていっても、自分に言い聞かせているんだと思います!!と語っていらっしゃいました。

そして、初競りの結果を待たれていました。

そうすると一本の電話が・・・

一番になったって

70万だって

とても大喜びされていました!!

家族の支えなければ夢を叶えることが出来なかったという山本さん!!

こうやって漁ができているのも、奥さんが家の留守を守ってやってくれていたから

こうやって漁ができている

悪い時を一緒に乗り越えてきたから、何とかこれで楽をさせてやれるので

と奥様への安堵の言葉を述べられていました。

 

やはり、漁師さんの人生って、波乱万丈の中に喜びがありますね。

とても感動しました。

 

お金の使い道について

船の借金を払わないとどうにもならない!!

まだ2年しかたってないそうです。

娘さんは、家が欲しい!!と一言

あそこにプレハブあるから、それでいいんじゃないか~って父の一言^^

あれから、昨日は100キロ越えの巨大マグロを更に釣っているそうです!

凄いですね~

おめでとうございます。

スポンサーリンク

まとめ

山本昌彦さんのプロフィールや経歴、年収をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事はこちらから

【マグロの初競り豊洲2020】漁師は誰?過去10年釣った人や落札価格まとめ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です