千田信介の顔画像!結婚して嫁(妻)子供・彼女は?プロフィール経歴も調査

合成麻薬MDMAを譲り渡したとして、麻薬取締法違反の疑いで、千田信介さんが逮捕されました。

千田信介さんのプロフィールや経歴、結婚や妻、子供・彼女について調査してみました。

スポンサーリンク

千田信介(CHIDA)さんプロフィール

名前:千田信介

生年月日:1973年

年齢:46歳(2020年2月現在)

在住:東京都国立市在住

アナログ・レーベル”ene”主宰/DJ。

スポンサーリンク

千田信介さんの経歴

1993年:よりレコード・レーベル に身を置き、国内と海外のアンダーグラウンド・ダンスミュー ジック・シーンを繋ぐ活動を続けるキーマンの一人。

1992年:頃から全国各地でDJ活動を続けてきたが、近年は年に数回の海外ツアーを行っており、これまでに50都市以上のクラブやフェスでプレイしてきた。

2011年:にLovefingers主宰ESP InstituteからCOS/MESとのスプリットヴァイナルとしてリリースされた処女作”DANCA”がAndrew Weatherallにヘビープレイされ、彼のミックスCD「MASTERPIECE」(Ministry of Sounds)に収録された事をきっかけに本格的に音楽制作を開始。

これまでにオリジナル作はESP Institute、Nitelist Music、Jennifer Cardini主宰Correspondant等からリリース。

リミキサーとしてはCoyote, Ess O Ess, This Soft Machine, Bezier等の楽曲のリミックスを手掛け、また、COS/MESの5iveとプロデュース/DJユニットMASCARASでは、ベルリンのDiscodromo主宰CockTail d’Amoreからリリースされた3枚組LPコンピレーションに参加。

Jonathan KusumaやObalski、DisruteのRemixを手がけている。現在、Mascaras、ソロ作共に制作進行中。3月には2度目の出演となるベルリンPanorama Barを含むヨーロッパツアーへ旅立つ。

インタビューもツイートされていましたのでご覧ください。

最近の2月のインスタになります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CockTail d’Amore changed my life, my mind & saved my life as music person. and now I have to say good bye to @griessmuehle 🙏 and I’m very proud to have an oppotunity to do closing set on Sunday night(to Monday morning). it must be emotional but I believe this is not The End. Thank you @griessmuehle !! Thanks Discodromo for having me many times since 2013. now I feel CockTail d’Amore is my second home 🏳️‍🌈🏠❣️ let’s do dance 🕺💃🕺💃 僕の音楽人としての人生を変えてしまったと言っても過言ではない、ベルリンのCockTail d’Amoreが、会場であるGriessmuehleのクローズと共に一旦休止に。そのGriessmuehleとCockTail d’Amoreの最終回の最終日の夜のクロージングという大役を授かりました。精一杯プレイします💪 #cocktaildamoreberlin #enetour2020

CHIDA(@chida1973)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

千田信介さんは結婚して妻(嫁)子供は?

千田信介さんは結婚されているのでしょうか?

調べてみたら、結婚や妻についても語られてなくわかりませんでした。

写真でみても、左手に指輪はされていなく、右手には何本かされていましたので、ご結婚はされていない感じがしますね。

結婚していなかったら、もしかすると彼女はいてるのかもしれませんね。

千田信介さんの逮捕について

徳島県警阿波吉野川署は19日、徳島市に住む会社員の男性(42)に合成麻薬MDMAを譲り渡したとして、麻薬取締法違反の疑いで、東京都国立市富士見台1丁目、音楽プロデューサー千田信介容疑者(46)を逮捕した。

千田容疑者は「CHIDA」名義で活動するDJ。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年2月上旬、東京都杉並区の知人男性(42)と共謀し、東京都内のクラブで会社員の男性にMDMA数十錠を譲り渡した疑い。

 県警は今年1月21日、会社員の男性を、29日には知人の男性を麻薬取締法違反で逮捕し、その後の捜査で千田容疑者が浮上した。

スポンサーリンク

自宅場所

東京都国立市富士見台1丁目

スポンサーリンク

ネットの声

迷惑だなぁ。
あのな。我々音楽ファンは薬なんか使わずに
「音楽でトリップ」したいんだよ。
しんどい仕事やら生活やらを「音楽で」忘れて、楽しみたいの。
クスリやって楽になろうなんて、こっちに対する裏切りだよ。

違法薬物使用の厳罰化は当然の事として、違法薬物を使わなければ才能や発想を維持できない様なクリエーターやアーティストは、想像力が枯渇しており、才能の無さをドーピングで補ったドーピング常習者、スポーツの世界ならすべての記録がはく奪されて当然なのだと、周知されるべきでは。

環境が悪いところへ好んで行ってしまう人には、それだけ手にしてしまう率が高くなるんだという事ですよね。
私の生活では薬物は無縁。でも生活の身近に手に入る環境があったら、ふとしたきっかけでやってしまっていたかもしれない。ただ手にする機会がなかったという幸運だけで。
もちろん、薬物を目の前にしても拒否する意思しかないけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です