【ノミヌの幼少期】生い立ちが壮絶!母親の中学校や高校時代の話も

ノミヌさんが綾瀬遥はるかさんと交際していると話題になっていますね。

ノ・ミヌさんはどんな方なのでしょうか?

ノミヌの幼少期!生い立ちの母親(家族)の中学校、高校時代から現在2020を調査!

ミヌさんの家族(母親)のエピソードも交えてご紹介させてただきます。

スポンサーリンク

ノミヌの生い立ち:幼少期

ノ・ミヌさんの生い立ちについて幼少期時代を探ってみたいと思います。

どんな幼少期だったのでしょうか?

 

ノミヌさんは幼少期から、子役俳優としての活動を少しの間されていたそうです。

ミヌさんは幼少期の頃は、母親の影響で音楽を聴いて育ったようです。

“私が聴く音楽を、いつも一緒に聴いていたので、自然に子供の心に沁みこんだようです。

私と同じように音楽に関心が高いですね。 ミヌが四歳くらいになった時は、世界各国の音楽テープをすべて買ってきて、聴かせたりもしました。

画像:ameblo.jp/kzkalf

こちらの画像が3歳くらいの画像になるのでしょうか?

音楽を聴いて育ったのですね。

そして、クラシックの作曲家になったら良いという考えでピアノから始め、ギター、ドラムなど、いろんな種類の楽器を全て教えていましたとも母親が語っていらっしゃいます。

そして、ミヌさん自身も絶えず何かを習おうとしていたとか。

 

スポンサーリンク

ノミヌさんの中学校時代

ノ・ミヌさんは1999年4月中学校を入学し、2002年3月中学校を卒業されています(生年月日より推測)

母親の呉敏延さんは息子のために、中学校に4人組のバンド・グループを直接作ったりもていました

こちらの画像は中学校時代の画像ではないかとも感じますね。

アメブロに投稿されているファンの方の画像をお借りしました。

学校では、そのような彼女を認めることが出来ずに頑強に反対したそうです。

父兄たちさえ、呉敏延さんが学校の雰囲気を損なうからと、冷たい視線を送った。

それでも屈しない彼女は、息子と友人たちを集めてバンド・グループを作り、

区庁で運営する文化院を訪ねて行って、無料で練習室を使用する許可を得ました。

そして放課後から深夜まで玉の汗を流しながら練習する子供たちの面倒を積極的にみたのです。

“学校はずっと、バンド・グループを解体しなさいと言いました。

その当時、中学校1年生だったミヌさんは、先生が恐ろしいとブルブル震えたそうです。

このまま続けることは出来ないと考えたミヌに対して

恐れるな。

ママは恐れてなんかいない。 ママは必ずやり遂げるつもりだ。

だから絶対に心配するな

と話した後で、校長室を訪ね、それから堂々と対抗して問い詰めました。

学校は未来の卵が夢を育てる所だから、勉強をしたい子供は勉強をして、音楽を習いたい子供には、音楽の夢を広げることができる環境を作ってくれなければいけません

とも駆け寄ったそうですね。

そして、子供たちをソウル市が主催する中・高校バンド・グループのコンテスト大会に出場させたりしました。

母親の呉敏延さんの引率の下に動くノ・ミヌのチームは断然目立ったそうすよ。

スポンサーリンク

ノミヌさんの高校時代

2002年4月高校を入学し、2005年3月に卒業されています(生年月日より推測)

ノ・ミヌさんが高等学校2年生の時に、バンドで本格デビューをするために、髪を黄色く染め、学校の授業にもまともに参加できなかったので、その時も私が先生たちをいちいち訪ね歩いて了解を求めました。

学校側は無条件で退学させようとばかりしました。

と母親が語られています。

子供を守るためなら、何でもやりますよ。 結局、紆余曲折の末に高等学校の

卒業証書をかろうじて頂き、私はしばらくその卒業証書を抱いてオイオイ泣きました。

事実、本当に大変だったんですよ。 女一人で男の先生たちとぶつからなければ

ならない時は、悲しい心をギュウギュウ押さえつけて耐えに耐えました。”

所属会社との葛藤 その後

“泣かないで、ママが守ってあげるから”

そして、バンド活動をして才能を認められ始めたノ・ミヌさんは偶然にある有名芸能企画会社にキャスティングされたそうです。

しかし日本でロック・グループとしてデビュー後、幾つかアルバムを出しただけで、所属会社との間で頻繁な葛藤を経験し、殆ど10年の間、スポット・ライトが当たることもなく、影に遮られたまま練習生として憂鬱な毎日を過ごしたといいます。

苦しがる息子を、これ以上そのまま放置できなかった母親の呉敏延さんは、結局、所属会社から息子を連れて出たそうです。

 

そして18歳から20歳までは、韓日本格活動ロックグループTRAXで活動されています。

2004年7月にデビューし、XJAPANのリーダーYOSHIKIのプロデュースにより日本デビューします。

Rose(ローズ)の名でドラムス奏者として活動していたが、2006年に脱退。

TRAX脱退後は俳優に転身し、映画、テレビドラマに出演。

ファッション雑誌ではモデルとして、またバラエティ番組でもタレントとして幅広く活動しています。

スポンサーリンク

ノミヌさんは母子家庭で育つ

ノ・ミヌさんは母親が21歳のときに誕生し、その後父親が他界し、母親に育てられています。

母子家庭で育った過去の気持ちを、28歳の時にはこう語っていらっしゃいます。

ミヌは「幼い頃から母親の手だけで育ったものでして、僕にはいつ父親が必要なのかが分かります」。

続いて「今まで母から体罰を受けたことは一度もありませんでした。僕がバカなこと起こすたびに、母は叱ることよりむしろ僕が大好きな料理を作ってくれました。

あとで理由を聞いてみたら、“自分で反省して、罪悪感を感じてほしかった”と言いました」と当時を回想した。

彼は「僕もそんな知恵のある親になりたいです。あまりにも恵まれた環境だと、子どもの情熱がなくなることもあると思います。

もし僕が結婚して子どもが生まれたら、社会と現実が早く分かるように、厳しいながらも時々人参をやる賢明な父になりたいと思います」と付け加えた。

2014.9  ノ・ミヌ母子家庭で育った告白より

スポンサーリンク

ノミヌさんの母親

ノ・ミヌさんを立派に育てあげた、パワフルな愛情たっぷりなノ・ミノさんの母親の画像になります。

名前:呉 敏延(オー・ミンジョン)

韓国語表記:오민정

生年月日:

年齢:54歳(2020年6月現在)

2012年2月時点で46歳

ノミヌさんの母親の経歴

オー・ミンジョンは息子ノ・ミヌさんが所属する芸能事務所「MJ DREAMSYS」の代表取締役になります。

また、日本の会社がある「株式会社Bijou&Co.(ビジュアンドコー)」の代表取締役を務めています。

また、「株式会社Bijou&Co.(ビジュアンドコー)」の代表取締役を務めています。

株式会社Bijou&Co.はノ・ミヌ オフィシャルファンクラブ公式ホームページ関連が掲載されています。

会社が運営しているサイト:https://minue.co.jp/home

記載されている場所はこちらになるようです。

株式会社Bijou&Co.
 〒106-0031 東京都港区西麻布4-18-9 アーバンコート西麻布101
 代表取締役  呉 敏廷

 

ノミヌさんの母親は、演歌歌手だった時代

ノミヌさんの母親は、29年前(現在2020年)は、演歌歌手だったようです。

 

母親のオー・ミョンジョンさんは21歳のときにミヌさんを出産し、夫が他界されています。

夫が早くこの世を去ったせいで一人の子供を育て、ひどい波風を苦しんだ。

何よりも女性一人で子供を育てることに対する世界の冷たい視線のため、より困難であったと。

歯を食いしばって生きました。

たまに涙が出るたびに「我慢できない痛みは楽しみなさい」という言葉を思い出して、自分自身を上にしたんです。とも語っていらっしゃいます。

 

日本で1991年、25歳のときに演歌歌手としてデビューされています。

そして桂銀淑の後輩でもありました。

その当時のデビュー作は、私はいい女(発売日:1991年11月21日)で日本でシングル・レコードを発売され、現在は廃盤になっていますね。

ちょっと聞いてみたい感じもしますね。

出典:http://lady.khan.co.kr/khlady.html

その当時は、ノミヌさんを実家の母に任せてきた息子考えに程なく歌をあきらめて韓国に戻ってきたそうです。

ノミヌさんの幼少期の画像になります。

しかし、音楽の才能と情熱は彼女を手放すことはなく、もはや歌を歌わないという喪失感に涙で数日、数日の夜を明かし焙煎うつ病に苦しめられたそうです。

「ミヌを生んで偶然良い機会ができて、日本に進んで夢に描いた歌手としてデビューしました。

ところが、子供が目に踏ま耐えることができないんですよ。

だからすべてをあきらめて帰ってきまし。しばらくの間、真の大変でした。夢の中で盛んに歌を歌って眠りから破ったらどんなに虚脱するか… 。しかし、ミヌを音楽と変えることはできなかったの歌手ではなく、女性がでなく、子供の母親のみ生きよう固い決心をしました。もちろん、今でもその選択は後悔ないよ。

http://lady.khan.co.kr/khlady.html

こんなに可愛い子供を置いて、日本で働くのは辛かったのでしょうね。

子供を預けていたことも母親は耐えられなくなり、日本の芸能界を引退して韓国に帰国したそうです。

とても、ミヌさんに対しての愛情がいっぱいあり、一生懸命に息子を支えてこられた母親で、素晴らしいですね。

女一人で育てていくには、苦労がとてもあっただろうと思います。

現在は二人三脚で歩んでいっていらっしゃいます。

スポンサーリンク

ノミヌさんのプロフィール

名前:ノ・ミヌ

ハングル表記: 노민우

生年月日: 1986年 5月 29日

年齢:34歳

身長:84cm

体重:1, 63kg

カテゴリ:タレント、俳優、歌手、モデル

学 歴:仁荷(インハ)大学演劇映画学科卒

血液型: AB型

干支(えと): 虎

星座: 双子座

兵役: 2016.10~2018.07

韓国の所属事務所: MJ Dreamsys

インスタ:https://www.instagram.com/icon_stagram/

ミヌさんは2016年10月から兵役につき2018年7月に除隊と情報がありました。

出典:https://kankoku-vilogger.com/nho_minwoo-697

2017年ノ・ミヌさんのは、ミュージシャン名前は「I’ll(アイル)」として活躍されています。

こちらが弟さんの画像になります。

2017年11月にはデビューシングル「MAYBE WE ARE」をリリースし、日本デビューを果たしています。

出典:https://blog.goo.ne.jp/

そして、ノ・ミヌのおじいさん(祖父)は、日本人なんだそうです。

そうするとノ・ミヌは韓国人と日本人の“クォーター“ということになるようですね。

 

綾瀬はるかさんとの交際2年と話題にもなっていましたね。

事実無根とも後日報道になりましたが、見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ノミヌの幼少期!生い立ちの母親(家族)の中学、高校時代から現在2020を調査!画像

ご紹介させていただきました。

ミヌさンへの母親の愛情がとても感じられました。

これからもご活躍を応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です