松木達哉の学歴!高校や大学はどこ?学生時代のエピソード調査!

松木達哉の学歴!高校や大学はどこ?学生時代のエピソード調査!

少年ジャンプのアクタージュの原作者である「マツキタツヤ」さん!

松木達哉の学歴!高校や大学はどこ?学生時代のエピソード

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

松木達哉さんの出身高校はどこ?

松木達哉さんの学歴を調べてみました。

出身高校や、大学はどこだったのでしょうか?

 

松木達哉さんは、2007年4月に高校に入学され、2010年3月に卒業されています。

高校についてのエピソードについて、ツイートで呟いていました。

・高校時代の飲み物といえばリプトンのミルクティーをよく飲んでいました。

・高校時代より太ったそうです。

高校は明かされていませんでしたが、高校ではリプトンミルクティーを日々飲み、高校時代より太ったということがわかりました。

スポンサーリンク

松木達哉さんの出身大学はどこ?

松木達哉さんは、2010年4月に入学され、2014年3月に卒業されています。

松木達哉さんの出身大学は、日本大学芸術学部を卒業されています。

「zucchini」という日本大学芸術学部のサークルに所属されていたことがわかりました。

同じサークル内の方がコメントを書いています。

監督は松木達哉くん。

以前、大学のサークルでCMを撮った時に一緒にやらせていただきました!

【自主制作CM】『夢のための仲間を』映画サークルzucchini
http://www.youtube.com/watch?v=DSZ8Euo_iJY
楽しかったなあ。

松木くんの作品、サークルの投票1位で、
それを観たときから、すごいなーって思ってました!
だからCMで一緒になれて嬉しかったし、今回こうして撮ってもらえて
感無量です。

 

アメブロ:https://ameblo.jp/doing-writing/entry-11213133256.html

その時の、監督:松木達哉さんの自主制作CMはこちらになります。

こちらは、松木達哉の自主制作映画「HERO」

大学についてのエピソードとして、ツイッターにつぶやきがありました。

エピソードというか大学時代に感じた事を呟いていらっしゃいました。

出身大学については、調べてみると大学時代の友達がいました。

NEW GATE TOKYO所属 熊本出身の新人声優、俳優さんは、大学友だちとツイートされている方がいらしゃいました。

声優さんということで調べてみました。

松野允彦(まつのみつひこ)さん

生年月日:1991年7月29日

出身地:熊本県

松木達哉さんの生年月日は、1991年5月29日で同じ年代になります。

同じ大学に通われていて、友達でした。

スポンサーリンク

松木達哉さんのプロフィール

名前:松木達哉(まつき たつや)

漫画家ペンネーム:マツキタツヤ

出身地:日本

生年月日:1991年5月29日

年齢:29歳(2020年8月現在)

活動時期:2017年~

職業:漫画家(原作者)

スポンサーリンク

松木達哉さんの経歴

初めて漫画を描こうと思い、ツイッターを開設して予知夢をテーマにした漫画を上げると、宇佐崎しろさんからからフォローされたそうでう。

『週刊ジャンプ』を立ち読みして原作志望者を対象とした新人漫画賞「ストキンPr」の存在を知り「猶予2週間、実動1週間」ほどで読切『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』のネームを描き上げました。

そして松木達哉名義で第2回ストキンProに投稿した『阿佐ヶ谷』は準キングを受賞し、マツキさんは同作の作画担当に宇佐崎を指名しました。

 

『阿佐ヶ谷』の完生原稿は『週刊少年ジャンプ』2017年9号に掲載され、高評価を獲得するとともに、マツキさんと宇佐崎さんはデビューを果たしました。

その後、マツキさんは原作担当として、宇佐崎が作画する読切の掲載を目指すも、掲載許可が下りない時期が続いたそうです。

そこで担当編集者の村越周から「『ジャンプ』に合わせにきてるよね」と指摘され、自らの原点に返る形で『阿佐ヶ谷』の数年後を舞台とした『アクタージュ』の連載企画を提出したところ、同作の連載が決まりました。

『アクタージュ』は『週刊少年ジャンプ』2018年8号より、原作:マツキ、作画:宇佐崎の体制で連載中していました。

こちらに、マツキタウツヤさんが紹介されいてます。

スポンサーリンク

まとめ

松木達哉の学歴!高校や大学はどこ?学生時代のエピソード調査!

ご紹介させていただきました。

情報がわかれば随時追記していきます。 最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です