【宮澤崇史】嫁の花菜子と母親の顔画像は?出身高校や大学も調査!24時間テレビ

【宮澤崇史】嫁の花菜子と母親の顔画像は?出身高校や大学も調査!24時間テレビ

こんにちは、ままいっちです。

宮澤崇史の嫁の花菜子と母の顔画像は?

出身高校や大学はどこ?

24時間テレビ!絆のペダルにも出演

をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

宮澤崇史のプロフィール

宮澤崇史さんの、プロフィールをみてみましょう。

名前:宮澤崇史(みやざわ たかし)

愛称:ブラーヴォタカシ

出身地:長崎市

誕生日:1978年2月27日

年齢:41歳(執筆時)

身長:164cm

血液型:B型

体重:61kg

所属:リオモ・ベルマーレ・レーシングチーム(監督)

分野:ロードレース

特徴:スプリンター

出身高校:長野県長野工業高等学校

家族構成:父(幸弘さん)、母(純子さん)、姉(妙子さん)、宮澤崇史さんの現在は4人家族

父の幸弘さんは6歳の時に病気で他界されました。

スポンサーリンク

宮澤崇史さんの出身高校・大学は?

宮澤崇史さんの出身高校はどこだったのでしょうか?
 
出身高校は、長野県長野工業高等学校を卒業されています。
 
自転車部のある高校に入りたかったので、こちらの高校を選ばれたようです。
 

大学は行かれてなく、高校卒業後、1997年にイタリアに留学しています。

スポンサーリンク

宮澤崇史さんの経歴

1995年に、長野県工業高等学校時代に、シンクロス世界選手権ジュニアに出場で22位になる。

 
高校卒業後、1997年にイタリアに留学し、2年間大門宏さんの下で指導を受けます。
 
23歳の時に、母の命を救うため肝臓の半分を生体移植で提供し、体力低下のため成績振るわず戦力外通告によりチームを解雇される。
 
 
その後単身でフランスに渡り、アマチュアチームで再びゼロから経験を積み上げ、オリンピック出場やアジアチャンピオン、全日本チャンピオンなどの実績を重ねる。
 
34歳の時に世界で最もカテゴリの高いUCIワールドチームに所属。
 
在籍中にリーダージャージ(個人総合時間賞)・ポイントジャージ(スプリントポイント賞)に日本人選手として初めて袖を通しました。
 
18年間の海外レース活動を経て、2014年に引退します。
 
現在、リオモ・ベルマーレ レーシングチーム監督。
LEOMO.incウェアラブル端末のアドバイザー。
その他、レース解説、若手選手の育成・指導、社会貢献活動、講演会、全国各地でのサイクリングイベントに活躍中です。
スポンサーリンク

宮澤崇史さんの母の愛情があってこそ、現在がある?

宮澤崇史さんはの幼少期から何故ロードレーサーになりたかったのでしょうか?

宮澤崇史さんが、ロードレーサーになれたのも母のお蔭

宮澤崇史さんが、6歳の時に病気で父親の幸弘さんが亡くなりました。
 
そこから、家庭は働き手が一人もいない状態で先の見えない日々を過ごしていたようです。
 
母親の純子さんは、女手一つで宮澤崇史さんと、姉の妙子さんを育てたそうです。
 
こちらが宮澤崇史さんの母純子さんです。
 
 
 
当時、純子さんは事務員として働いていており、1人の給料では生活がするのが苦しく、節約生活をされていました。
 
まだまだ小さい宮澤崇史さんの写真!!
 
3、4歳頃でしょうか?
 
 
 
当時の宮澤家は、生活をするだけでも必死だったそうです。
 
しかし、お金を節約しなければならない日々を、苦労とも感じることがなかったのは、母のお蔭だったんだと改めて思い出すと語っていらっしゃいます。
スポンサーリンク

宮澤崇史さんは、自転車競技者になる夢をもつ

宮澤崇史さんは、その母の姿を見つつも、中学生の時に見た「ツール・ド・フランス」に魅了され自転車の競技者になるという夢をもったようです。

そして、純子さんに自転車をおねだりしますが、当時はそんな余裕などはなかった生活でした。

苦しい生活だったけど、母の純子さんは会社の同僚に頭を下げて、同僚が買ったばかりのマウンテンバイクを借りて、宮澤崇史さんに渡したようです。
 

そして毎日のように宮澤崇史さんは、マウンテンバイクに乗り続ける日々が続きます。

母はいきなり、マウンテンバイクの大人ばかりの大会に参加させたり、かなうはずがない初めて出場した自転車競技では、290人中27位という好成績を残しました。
 
 
 
そこからというのも自転車競技には多額な費用が必要でした。
 
自転車本体は20万円以上、タイヤ・チェーンなどの消耗品は年間6万円
 
年20回は行われるレース参加費は1回5000円など
 
 
その後ようやく自分の自転車を買ってもらってからは、毎日のようにペダルをこぎつづけました。
 
 
家計に大きくのしかかりましたが、息子の為に更に仕事も頑張り、自転車を買い与えたそうです。
 
生活の中で親子の会話が生まれたのが嬉しかった!!
 
と母:純子さんは語っていらっしゃいました。
日本一のロードレーサーになることを決意します!!
 
17歳の時世界選手権(ジュニア部門)22位
 
その3年後には、若干20歳で世界選手権 日本代表に選出
 
 
 
日本ロードレース界のトップ選手になる!!
 
当時の宮澤崇史さん20歳の写真
 
 
 
何とも、このお話を聞いているだけでも、胸が熱くなってしまいます。
 
シングルマザーで2人の子供を育てるって、精神的にも、肉体的にも並大抵ではないですね。
スポンサーリンク

宮澤崇史さんは生体肝移植手術をする

宮澤崇史さんは、2001年9月10日に23歳の時に生体肝移植手術を受けられました。

母の純子さんが、原発性硬化生胆管炎になりました。

胆管に炎症が発生し、肝硬変を引き起こす病気だそうです。

今の状態では、進行が進んでいて、余命1~2年と言われていました。

肝臓移植しか手段がなく、生体肝移植という健康な人間の肝臓の一部を取り除き患者に移植する方法しかなかったそうです。

肝臓移植は、残された唯一の方法だったという!!

もし、崇史さんがドナーになった場合は、「自転車競技に復帰するのは難しいでしょう」とドクターに宣告されていました。

切った肝臓は2~3年で元通りに回復するようですが・・・

全力でペダルをこぐ自転車競技には、、足だけではなく全身の筋肉が必要で、特に足を押し出す腹筋の力が特に重要とされていました。

移植の為に開腹手術をすると、腹筋を切断することになる!

致命的なことだった・・・

 

母は、少しの私の命だけのために、息子が自分の人生を犠牲にすることは耐えられないと思い、移植手術を拒否していた・・・

今までどうり自分の夢を叶えてほしい・・・

 

自転車をやっていれば、また母さんの笑顔が見れるって

どれだけ辛くても頑張ってこれた

お金とか、迷惑かかってたのもわかっていたけど・・・

お母さんが死んでしまったら意味がない・・・

 

心の中の迷いは全くなかったという

自分を支えてくれた母に恩返しをする時である!!

スポンサーリンク

宮澤崇史さんの母に肝移植をする

宮澤崇史さんは、母純子さんに生体肝臓手術を受けることを決意します。

 

移植後は、拒絶反応もなかったようです。

 

手術への不安は?どうだったんでしょうか?

引用元:https://www.cycloch.ne(2011年11月16日)

肝臓移植への不安は、選手としてダメだったら辞めるという選択もあったが・・・

選手として続けられるのであったら、じゃー今までどうり続けましょっていう選択もあって・・・

大丈夫でしょ!!今までどうり続けられる!

とのことで決意されたことです。

アスリートとしては、選手生命にもかかわるので大変なことだったと思いますが、前向きの精神力が素晴らしいです。

とても真似できないですね。

 

母:純子さんも、放送当時で10年経たれていて心境を語っていらっしゃいました。

人生捨てたものではないよ!!

まだ光があるんじゃないか?

移植を進めてくれた、子供に背中を押されたのが実情です。

 

当時は、スポーツ選手歳ての生命線を切断してしまうんじゃないか?

やってはいけないことではないのか?

というところが一番不安だった。

10年経ってみて、こういう息子の姿を見れったてことは移植して肝臓もらってよかったと話されていました。

 

一瞬の為に、今まで生きてきてきたんだな~

自分の中の夢に向かって、今一生懸命ならないいけないんだな~

と思っている!!

宮澤崇史さんの術後のリハビリの壮絶な戦い

 
全身の筋力が低下し、自転車に乗ったときに身体が支えられない。
 
壮絶な戦いだったようです。
 
手術の2ヶ月後には、1日100キロ以上ペダルを回し続けたが、所属するチームを解雇されてしまうなど・・・
 
しかし諦めずに・・・
 
単身でフランスに渡りゼロからの出発されました。
 
 
アマチュア選手として再出発し、毎日3時間も腹筋を鍛えあげたそうです。
 
そして・・・
選ばれたものだけが出場できる、全日本自転車選手権大会
 
日本一の称号をとると母と約束した競技!!
 
全日本選手権ロードレースに出場します。
 
157人が196,8kmでコースで戦う、過酷なレース
 
 
見事に優勝を果たし、母との約束を果たしました。
 
 
親の子供への無償の愛の力の凄さや、パワーをとても感じました。
 
宮澤崇史さんの、お母さんとの約束を果たし、本当に感動し涙がでました。
スポンサーリンク

宮澤崇史さんの妻は?

宮澤崇史さんは2011年の33歳で、花菜子さんとご結婚されています。

 
とても綺麗な奥様です。
 
 
料理ブロガーとしても活躍されています。
 
 
 
花菜子さんは、小さなレストランというアメブロを立ち上げていました。
 
しかし2016年のアメブロのもので、そこからの更新はありません。
 
 
とても美味しそうなメガモリサラダです。
 
アスリートサラダだそうです!!
 
 
 
引用:小さなレストラン
https://ameblo.jp/happy-kana-n/
 
 
とっても料理が上手で、宮澤崇史さんの栄養管理もバッチリされているのでしょう!
 
 
ブログより、こちらはご自宅だそうです。
 
 
チーズフォンデュのお夕食。
和食と違って、洋食は準備が楽ち~~~ん!
 
 
鶏肉、ジャガイモ、バターナッツかぼちゃはオーブンでローストに。
切ってマリネしてオーブンに入れるだけ!
 

簡単にササッとお料理できるなんて、素敵すぎますね。

 
 
 
お家から見たイタリアの風景も掲載されていましたよ。

とっても素敵で、こんなところの景色がいつも眺めれたらいいですね~

スポンサーリンク

宮澤崇史さんは離婚してるの?

宮澤崇史さんと、花菜子さんは離婚しているの?っとSNSで話題になっているようですが、調査しましたが、わかりませんでした。

また、追記したいと思います。

まとめ

宮澤崇史さんの涙涙の家族愛を感じました。

これからも、ご活躍を応援しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です