岩田健太郎の学歴|高校や大学はどこ?偏差値や経歴も調査!

こんにちは、ままいっちです。

岩田健太郎先生の学歴、高校、大学はどこなのでしょうか?

偏差値も調査してみました。

また、プロフィールや経歴もまとめましたのでご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

岩田健太郎先生の学歴(高校・大学はどこ)

岩田健太郎先生の高校

岩田健太郎先生の高校につて調べてみました。

私は島根県松江市に3つある進学校の1つに通っていたのですが、あの頃はまさに受験戦争と呼べるほど偏差値至上主義で、「今回の模試の平均点は市内の他校より良かった」「今回は他校より悪かった」とやっているのを見て、僕ははっきり言って「くだらないな、バカじゃないかこの人たちは」とずっと思っていました。

goo

島根県松江市にある3つある進学校の1つに通っていたということが判明しました。

進学校というと

・松江北高等学校

・松江東高等学校

・松江南高等学校

がありますが・・・

岩田健太郎先生のTwitter記事で、母校松江南高校の学園祭の講演のためともありましたので、松江南高校ではないのかとも思います。

島根県立松江南高等学校

偏差値:53 – 61

偏差値が高いですね。

卒業された芸能人:

郷原信郎(元検察官・弁護士)、佐野史郎(俳優)、山根伸志(アナウンサー)、山本恭司(ミュージシャン(BOWWOW))、小村徳男(元サッカー選手)など

スポンサーリンク

岩田健太郎先生の大学

1997年島根医科大学(現・島根大学)卒業されています。

偏差値:医学部54-67

卒業された芸能人:ブルゾンちえみ、佐々木梨絵(タレント)、細田吉蔵(元防衛長官)など

医師の道を志したきっかけは、

理系とか文系とか、そういう区別がおかしいなと思っていて、ここからは僕自身がバカだったというか「若気の至り」なのですけれど、当時、自然科学も社会科学も両方勉強できるのは医学部だと思い、それで医師の道を志しました。

 

1997年 沖縄県立中部病院研修医になっておられます。

当初は基礎医学者になりたいとずっと思っていたそうで、臨床医になるつもりなど、全くなかったそうです。

それでも医学部に入ってエイズの患者さんと出会って、そのサークルに入るなどしているうちに「ヒューマンなものも大事だ」と感じる萌芽を得たりしましたが、それでも基礎医学者になろうと思い、基礎医学者になるためにできるだけ短時間で臨床医学を学ぶことを考えて、それならばできるだけ厳しく教えてくれるところということで、沖縄県立中部病院を研修先に選びました。

中部病院は思った以上に研修がしんどくて大変でした。

とうとう「これ以上は耐えられない」と思っていた時に、米国の臨床留学プログラムがあることを知って渡米することに決めたそうです。

「米国の最新医学を学ぶ」だったり、「日本の医学はこのままでは駄目だ」だったりと、ポジティブかネガティブかいずれかの強烈なモチベーションに後押しされて渡米する若い医師がほとんどの中で、「とりあえず、ここにいたくないから米国だろうがどこでもいいから逃げ出したい」という気持ちで米国留学を決めた医師もまた、少ないのではないでしょうか。

本当に若気の至りでした!!

とエピソードも述べられていました。

スポンサーリンク

岩田健太郎先生のプロフィール

名前:岩田 健太郎(いわたけんたろう)

生年月日:1971年

年齢:49歳(2020年2月現在)

出生地:島根県

神戸大学教授で感染症専門家

スポンサーリンク

岩田健太郎先生の経歴

1997年: 島根医科大医学部医学科卒業

1997年 :沖縄県立中部病院(研修医)

1998年 :ニューヨーク市セントルークス

コロンビア大学セントクルース・ルーズベルト病院内科(研修医)

2001年: アルバートアインシュタイン大学ベスイスラエル・メディカルセンター(感染症フェロ)

2003年 :北京インターナショナルSOSクリニック(家庭医)

2004年: 亀田総合病院(感染症内科部長、総合診療感染症科部長)

2008年: 神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長

神戸大学病院感染症内科診療科長、国際診療部長。

僕は子どもの頃から、「分断」よりも「融合」を好む傾向があったそうです。

例えば、理系と文系、男性と女性のような分け方ではなく、「分断するのではなく統合する」「違いを見るのではなくて同一性を見る」というところに、直感的に興味を持っていて、人になってからこの直感を整理すると、世の中に根本的な違いなどはなく、ただ、「視点が違う」と考えていたのだと思いますと語っていらっしゃいます。

岩田健太郎先生の資格

日本内科学会総合内科専門医、日本感染症学会専門医・指導医、米国内科専門医、米国感染症専門医、日本東洋医学会漢方専門医、修士(感染症学)、博士(医学)、国際旅行学会認定(CTH),感染管理認定(CIC)、米国内科学会フェロー(FACP)、米国感染症学会フェロー(FIDSA)、PHPビジネスコーチ、FP2級。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートなど。

スポンサーリンク

まとめ

岩田健太郎先生の学歴、高校、大学についてまとめてみました。

岩田先生がダイヤモンドプリンセス号の悲惨な状況をTwitterで公開されました。

実態がわからない視聴者からは、岩田健太郎先生の動画掲載で、賛同の声が多数よせられています。

最後までお読みくださりありがとうございます。

関連記事はこちらから

岩田健太郎がダイヤモンドプリンセス号の感染実態を動画で衝撃告発!SNSで賛同の声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です