氷川きよし家族|父や母は?生い立ちや幼少期からのエピソードのまとめ【画像】

氷川きよし家族|父や母は?生い立ちや幼少期からのエピソードのまとめ【画像】

こんにちは、ままいっちです。

氷川きよしさんと言えば、おばちゃま方にとてもファンが多く、コンサートに行っても年齢層が高く大人気ですね。

最近では、演歌からロックのイメージも変わって覚醒されているとも話題になっています。

そんな氷川きよしさんの家族の父や母は?

生い立ちや幼少期からのエピソードのまとめ

をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

氷川きよしさんの生い立ち

氷川きよしさんは父親、母親、清志さんの3人で育ちました。

氷川きよしさんは、一人っ子になります。

そして、氷川きよしさんの本名は山田 清志さんといいます。

1977年9月6日に福岡市中央区の森産婦人科で3770gで誕生しました。

想像すると、初めての子供を授かったご両親はとても嬉しく愛情がっぷり育てられました。

氷川きよしさんの幼少期

氷川きよしさんの幼少期時代ですが、3歳くらいでしょうか?

とても可愛いですね。

まさか、この時には、ご両親もこれだけの有名スターになるとは親も思わなかったでしょうね・・・

 

そして氷川きよしさんの父親が演歌がうまく、よく聞いていたそうです。

これが、氷川きよしさんを覚醒させたきっかけかも・・・しれませんね。

 

スポンサーリンク

氷川きよしさんの保育園時代

氷川きよしさんは、福岡市立やまびこ保育園に通っていました。

引用元:https://natalie.mu/music/column/

氷川きよしさんの、5歳保育園の運動会で園での写真になります。

この頃は「キーちゃん」と呼ばれていました。

すごく内気で、人見知りで、お母さんのスカートの後ろに隠れるような子供だったよです。

当時の思い出について

伯母と一緒に松田聖子さんのコンサートに行き、キレイな衣装を着て、歓声を浴びながら歌う松田聖子さんの姿を観て、どうやら刺激を受けたようです。

親戚で行った旅行で、みんなに「歌って、歌って」と言われるままに歌った「赤いスイートピー」が大絶賛! 親戚にもらった大拍手が忘れられない思い出となりました。

と語っています。

スポンサーリンク

氷川きよしさんの小学校時代

氷川きよしさんは、福岡市立大楠小学校に通っていました。

このころから、ちょっと太ってきたようです。

ケーキが大好きで近くに1個100円のケーキ屋があり、毎日食べていたようで、「デブきよし」とあだ名がついてしまっていました。

小学生のときから歌手になりたいと夢見ていて作文に”歌手になりたい”と書いたら、皆に冷やかされたそうです。

家ではお金がかからず周りにも迷惑がかからない家の押入れを歌の練習場にしていたそうです。

氷川きよしさんの中学校時代

氷川きよしさんは、福岡市立高宮中学校に通われていました。

中学校時代は丸刈りが校則でした。

小学校から歌が好きだったので、ポップス歌手夢みてオーデションを受けました。

平尾昌晃先生の目の前でチャゲ&アスカさんの「SAYYES」唄いました。

しかし、平尾先生のミュージックスクールには家庭の事情で通えなかったようです。

 

ちなみにその時の体型は・・・

中学校時代もデブきよしは続いていました。

これではいけないと思い、寒天ダイエットをしました。

そしたら、見事に成功してスリムな氷川きよしさんになったようです。

 

スポンサーリンク

氷川きよしさんの高校時代

氷川きよしさんは福岡第一商業高等学校に通ってました。

進学した高校に芸能部という部活があり入っていました。

芸能塾の先生(通称:おじいちゃん先生)が学校に来て指導してくれる、夢のような部活だったそうです。

きよしさん以外にも、歌手志望の生徒が集まり、期待に生徒は満ち溢れていましがた・・・

先生は、演歌しか教えられない!!と

60人以上いた生徒は1人づづ居なくなり・・・

最終的には10人になってしまったそうです。

 

氷川きよしさんもJ-POPやロックの歌手志望だったのですが・・・

 

先生には、演歌を勧められて、渡されたテープは鳥羽一郎さんの「兄弟船」でした!!

「たったひとりのおふくろさんに楽な暮らしをさせたくて」という歌詞に心を動かされました。

 

人前で歌うことになるるために老人ホームへの慰問活動を行い、その場で居た御爺ちゃん、御婆ちゃんが感動し、涙を流し喜んでくれた姿をみて

将来、演歌歌手になることを心に強く誓いました!

 

高校3年生の時には、NHK、「BS歌謡曲あなたが一番」に出場し、水森英夫先生にスカウトされました。

 

歌手になることを両親に説得し、父親は賛成してくれたが、母親は反対されたそうです。

きよしさんは何度も母親に説得し、家族会議を行って、説得されました。

 

氷川きよしさんは高校時代はモテていた

高校時代の氷川きよしさんはバレンタインデーに10個もチョコレートをもらうほどモテていました。

告白されることが多かったようで、告白されつと女子全員と付き合ってたようですね(笑)

スポンサーリンク

氷川きよしさんの家族構成の両親(父・母)

氷川きよしさんはの家族構成は父、母、きよしさんの3人家族です。

氷川きよしさんの父親

氷川きよしさんの父親の名前は公開されておりませんが、写真ではこちらが氷川きよしさんの父になります。

氷川きよしさんの父の職業は。タクシー運転手ではないか?とも言われています。

それ以外の情報はあまりありませんが、氷川きよしさんが芸能界入りの話をされた時も反対されず理解のあるお父さんですね。

現在も、一人息子の活躍をみて一番に応援しているでしょうね~

氷川きよしさんの母親

氷川きよしさんの母親についても、名前など公開されていませんが、こんなエピソードがありました。

最近話題のビジュアル系スタイルに対する実母の意外な反応として掲載されていました!!

「ウチの母は“やるんだったら徹底して。目のまわりも黒く塗ったほうがいい。あんたらしくやりなさい」とごく喜んでくれてます。

最近は黒いアイシャドーを入れてるほうが、なんか落ち着くくらい!!

引用元:https://news.livedoor.com/

氷川きよしさんのお母さんも、芸能界入りのことを聞いたときは反対されたようですが、一番の理解者になって父親と一緒に家族一同一番に応援していますね。

演歌歌手でデビューしてきた氷川きよしさんですが、今後自分のやりたかった、J-POPやロックでの活躍がとても楽しみですね。

おばちゃま年配のファンが多い氷川きよしさんですが、ロックやJ-POPを歌っている氷川きよしさんについていっている姿が可愛いな~っと想像してしまいます。

氷川きよしさんの、優しさがが年配のおばちゃま層ファンが多い秘訣だと思います。

私も一度コンサートに行ったことがあります・・・ズン、ズンドコズンドコキヨシっていってました!

スポンサーリンク

氷川きよしさんのプロフィール

名前:氷川きよし(ひかわ きよし)

本名:山田 清志

別名:KIYOSHI、若様、プリンス

出身地:福岡県福岡市南区

生年月日:1977年9月6日

年齢:42歳(2019年11月現在)

学歴:

福岡市立大楠小学校卒業

福岡市立高宮中学校卒業

福岡第一商業高等学校卒業

事務所:長良プロダクション

趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、テレビゲーム、詩を書くこと、書道、絵画、盆栽、ガーデニング、陶芸、人間観察、ダンス

特技:絵画、髪の毛を動かす、ファンの顔を覚える、どこでも寝れる

スポンサーリンク

まとめ

氷川きよしさんの家族、両親父、母、生い立ち、保育園、小学校、中学校、高校時代のエピソードをまとめてみました。

紅白出場も決定し、どんなビジュアルで出演かとても楽しみで仕方ありません。

応援しています。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です