桐生祥秀選手のお尻の筋肉が強さの秘訣!腹筋画像も

桐生祥秀選手のお尻の筋肉が強さの秘訣!腹筋画像も

こんにちは、ままいっちです。

2019年9月27日 世界陸上に出場ドーハに出場する桐生祥秀選手!!

進化した肉体で日本人初の決勝進出を狙います。

桐生祥秀選手のお尻の筋肉が強さの秘訣!

筋肉画像

をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

桐生祥秀さんのお尻の筋肉は凄い

桐生祥秀選手の走りに注目

陸上の世界選手権27日開幕では、桐生祥秀選手は、走りのバランスをよくするため、意識されていたようです。

以前までの走りは上体がぶれていたようですが、今回は上体がぶれずに走れています。

 

桐生祥秀選手のお尻はV字

桐生祥秀選手のお尻は車のエンジンにあたるようで、非常に重要視されています。

筋肉がとっても発達していてV字に発達しています。

トレーニングの凄さがわかりますね。

 

発達したお尻の筋肉が、車のエンジンのようになっているとのことです。

なので、日本選手初の9秒台となる9秒98の日本新記録も出したのですね。

 

今回の決勝の進出のカギ「力み」だそうですよ。

 

桐生祥秀選手は、決勝に残るために、予選を通過して準決勝で勝負したいと意気込みを語っていました。

どんな走りを見せてくれるのか、とっても楽しみです。

スポンサーリンク

桐生祥秀選手選手の筋肉画像

桐生祥秀選手の筋肉画像をご紹介いたします。

やはり、トップアスリートだけあって、引き締まった筋肉が凄いです。

 

桐生祥秀選手のお尻の筋肉が、マラソンの早さを物語っているのでしょう。

スポンサーリンク

桐生祥秀選手のプロフィール

名前:桐生祥秀(きりゅう よしひで)

生年月日:1995年12月15日

年齢:23歳(2019年9月現在)

出身地:滋賀県彦根市

身長:176cm

体重:70kg

出身中学校:彦根市立南中学校

出身高校:洛南高等学校

出身大学:東洋大学法学部企業法学科

所属:日本生命

自己ベスト:

100m 9秒98(2017.9 日本学生陸上競技対抗選手権)=日本記録、日本学生記録

200ⅿ 20秒39(2019.3 Queensland Track Classic)

中学校で陸上競技を始め、全国大会で活躍。高校3年時には、当時のジュニア世界記録に並び、10秒01をマークします。

東洋大学入学後は各大会で活躍、リオデジャネイロ2016オリンピックに出場し、陸上競技 男子4×100mリレーでは決勝でアジア記録を更新し銀メダルを獲得。

2017年には世界陸上4×100mリレーで銅メダルを獲得。

9月の日本学生選手権100決勝にて、日本選手初の9秒台となる9秒98の日本新記録を樹立します。

スポンサーリンク

まとめ

今回は桐生祥秀選手の筋肉についてまとめてみました。

上体のぶれも改善し、メンテナンスはしっかりされているので、今回の試合はとても楽しみです。

応援しています。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です